お年玉の相場はどのくらい?乳児や幼稚園・小中高にあげる場合の相場は?

20161031-5

お正月には自分の親・兄弟姉妹・親戚などが一斉に集まり、大いに盛り上がるところもあるのではないでしょうか。そういった場所で、お年玉のやり取りもあるかと思います。しかし、渡すお子さんの年齢によって包む額も違いますし、一家族のお子さんの人数によってもどのように包むか悩みますよね。

なので今回は、お年玉の相場や貰った時は同額が良いのか?など私の個人の意見も織り交ぜて紹介します。

スポンサーリンク

お年玉!乳児や幼稚園のお年玉の平均金額は?

乳児の場合
乳児に対して渡す人とそうでない人がいると思います。確かに乳児に渡してもまだ何かもわかりませんが、親御さんの中には赤ちゃん名義の通帳に貯金したり、絵本などの必要なものを買うお金にあてたりするようです。

相場
おじいちゃん、おばあちゃん・・・2000円~1万円
兄弟、姉妹の子・・・お菓子や1000円ぐらいまで
親戚・・・1000円~3000
友人、知人・・・お菓子や3000円ぐらいまで

成長するとともにお年玉の金額は増えていくものなので、無理をしない程度に金額は決めておきましょう。

幼稚園の場合
幼稚園などに入るまでは、乳児と同じようにお菓子などをあげる人もいます。しかし、入園するぐらいになると何となくですが、正月にはお年玉がもらえると分かってくる年頃かと思います。

相場
おじいちゃん、おばあちゃん・・・3000円~1万円
兄弟、姉妹の子・・・500円~2000
親戚・・・1000円~3000
友人、知人・・・1000円~3000

あくまで相場ですが、まだあまりお金の価値が分からない年齢ですので、紙幣という紙切れよりゲームセンターにあるメダルみたいな硬貨の方が喜びそうですね。

20161031-3

紙幣のお金だと幼稚園に通うお子さんからしたら大金です。硬貨ならお小遣いとして持っておけますし、おやつを買う楽しさも増えます。何より、自分で使うことでお金の使い方や大切さがわかっていいのかもしれません。

小中高のお年玉の相場はそれぞれいくら?

小学生 低学年・・・1000円~3000
    高学年・・・3000円~5000
中学生・・・5000円~1万円
高校生・・・5000円~1万円

自分の子供にあげる額と親戚・知人にあげる額に差はあまりないです。ですが、あげすぎ・すくなすぎだと子供に対して良くないですし、他の子と比較してしまうというのもあるかもしれないですね。

20161031-4

お年玉は何歳まであげるのか?

その家によって違いますが、高校生でアルバイトしているのなら渡す側になることが多いのではないでしょうか。

高校生といえど、アルバイトして自分で稼いで収入を得ているわけですので、家によっては親からは渡さないところもあります。

おじいちゃん・おばあちゃんからのお年玉なら渡されることはあるかもしれません。しかし、親戚とかになると貰えるかどうかは微妙かもしれませんね。ちなみに私は高校生でアルバイトしていたのでお年玉はなくなり、渡す側になりました。

お年玉を貰った場合は同じ金額をあげた方がいいのか?

自分の子供と相手の子供が同じ年なら同額でいいと思います。しかし、年の差があるのなら、あげすぎも少なすぎもよくありません。

額が多ければ相手は嬉しいかもしれませんが、少ないと良い気がしないと人もいます。なので、年齢に見合った額を包んであげるか、親同士で金額を決めておくのも一つの手です。

悩むのが自分の子が1人で相手の子が2人の場合などです。こういう場合は、お互いの間での金額を差し引きして0円にしておくといいのではないかと思います。

20161031-1

例えば、自分の子が5000円お年玉を貰ったら、相手の子2人に対して2500円づつ包むという形です。これだと1人に対しての金額は違うものの、お互い渡しあったお年玉は5000円ということになります。

ただ、お年玉を貰ったらその場ですぐ開けないように、お子さんに言い聞かせた方が良いでしょう。

お年玉の相場はあくまで参考程度にしてくださいね。お年玉の金額は、親同士の間で決めてしまった方が、後々問題もないと思いますし、いい方法ではないでしょうか。

お年玉のことで互いに嫌な気持にならないように、楽しいお正月をお過ごしください。


スポンサーリンク