あくびがうつるのは本当?なぜうつるのか?その驚くべき原因とは?

20160908-1

あくびをしようとしている人を見ると、自分もつられてあくびが出てしまうことってよくありませんか?家族や友人のあくびがうつるのであればいざ知らず、電車やバスで赤の他人があくびをしてもうつってしまう事がよくあります。不思議ですが、あくびがうつってしまうのは本当のことです。

しかし、何故うつってしまうのでしょうか?今回は、あくびがうつってしまう原因やメカニズム、うつらない方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

あくびがうつるのはなぜなのか? 人によってもうつりやすさが違うの?

様々な実験により『あくびがうつる』ということが証明されています。人間同士はもちろんのこと、動物から人間にうつったり、そのまた逆もあります。

自分と他人がたまたま同じ時に眠かったというわけではなく、自分のあくびが他人を誘発しているということなのです。

あくびがうつる原因としては感情移入が大いに関係していて、大体の人は『あくびをする → 眠たい → 寝不足』という思考だと思います。この思考の流れによって、あくびをしている人に感情移入してしまうのです。

このように感情移入であくびがうつるのですが、あくびがうつりやすいかどうかは人によって違います。あくびがうつりやすいかどうかは、あくびをしている人との親密さで変わってきます。

親密な関係といえば家族や恋人などですが、その親密な関係が深いほどあくびがうつりやすく、うつる回数も他人と比べると多いのです。

20160908-3

あくびを見なくてもうつるのはなぜ?どうやったら止まる?

日常では家族や友人、通勤・通学での電車や職場、学校であくびをしている人を目にする事は多いと思います。しかし、見なくてもあくびがうつることがあるのです。今まさに、この記事を読んであくびが出ていないでしょうか?

あくびに関する記事を読んでいる時やテレビなどの映像でも、あくびが出ます。つまり頭の中でイメージしてしまう事であくびが出てしまうのですね。

20160908-4

ではそんなあくびを止める方法はあるのでしょうか? あくびがうつらなければそれに越したことはありませんが、あくびがうつる主な原因は共感性によるものなので、『うつらない方法』ではなく『止める方法』をご紹介します。

1.鼻から空気を吸う
・あくびが出たら鼻から空気を吸う
・吸い切ったら一瞬だけ止める
・何度か行っているうちに脳の血行が良くなり、あくびが出なくなる

2.小指の爪の付け根
・押すと眠気がすっきり
・小指の爪を親指と人差し指で挟むように押す

3.頭頂部
・両方の耳のてっぺんから頭頂部に向かって、ちょうど真ん中がポイント
・全身のめぐりが良くなる

4.あごをつまむ
・人差し指と親指で歯を押すイメージ
・唇の両端の真下の皮膚をつまむ
・あくびで開こうとする筋肉の動きを止める

20160908-2

上記の4つの方法は、あくびを止める方法としてよく試されている人気の方法なので、機会があったらお試しください。

あくびは感情移入が原因でうつります。人との親密さを図れるという見方も出来ますね。でも、親しい人にあくびがうつらないからと言って、それを真に受けないようにしてくださいね。


スポンサーリンク