夜の洗濯物の干し方!外に干すのと部屋干しではどちらがおすすめ?

20160823-7

毎日、朝起きてからバタバタ忙しい主婦。子供や旦那さんを起こして、ご飯の用意。自分も働いてるなら仕事の用意して、子供の用意もしないといけません。専業主婦の方なら、子供や旦那さんが行ってから洗濯物を干して、掃除機かけたりと、家にいるだけでやることいっぱいです。

一日の中で朝が一番忙しいので短縮できたら良いなぁ、なんて考えてる方もいると思います。それで、家事の中で時間が最も掛かるのは洗濯。洗濯機で洗って、取り出して、干して、取り込む。この過程で何時間も掛かります。

その間に他の家事ができますが、仕事に行っている・幼児がいるご家庭では、取り込むのが夕方過ぎとかになることもあります。そこで案外と実践されているのが、夜に洗濯して、干す。

夜の内に干しておけば、翌日の朝に余裕を持てます。しかし、メリットがあればデメリットがあるのは当然。

今回は夜に干すことのメリット・デメリット、外干し・部屋干しどちらが良いのかまとめました。

スポンサーリンク

外干し・部屋干しのメリット・デメリット

外干しのメリット

  • 長時間乾かすことが出来ることです。夏なら午前中に乾いていることもありますが、冬場だと厚手のものが多くなるので、朝干して夕方に取り込むときに乾いていないことがあります。

デメリット

  • 外に干しっぱなしの状態なので、盗まれたりなど防犯上よくないこと
    衣類に虫が卵を産み付けることがある
    近所の人たちへのずぼらなイメージが付くこと
    他人が干しっぱなしにしてようと気にも留めないと思いますけど、気にする方は気にしますよね。

20160823-4

部屋干しのメリット

  • 天気を気にしなくていい
    花粉が付かない

デメリット

  • 乾きにくい
    見た目が悪い
    臭いが鼻につく
    部屋の湿度が上がる

20160823-2

夜は外干し?部屋干し?

特に田舎の場合なんですが、洗濯物を干したままにすると近所の方に良くないイメージを持たれるそうですよ。都会のマンション・共働きの世帯が多い住宅街なら気にもならないし、されないと思います。

後、夜になると風が強くなる地域だと洗濯物が飛ばされたり、夜中に雨が降って濡れることもありますし、夜露・朝露で湿ったりします。防犯上、留守と思われるので盗みなどの問題も出てきます。

調べた中で、夜に外干しした人が衣類をタンスにしまっておいたら、いつの間にかタンスの奥で孵化していたという体験談がありました。夜に外干ししたために、衣類に卵が産み付けられたということです。

サンルームがあるなら湿気を逃がし、虫を寄せ付けないよう工夫して干しておけば大丈夫ですが、サンルームがない場合は夜のうちは部屋干しして、朝に家を出る時に外に移動させる方法が良いのではと思います。部屋干しする際は、扇風機を回して除湿を必ず行ってください。

結論を言いますと、夜は外干しより部屋干しをおススメします。

20160823-6

夜に干すときは外?室内?どちらが多いのか

大手会社ライオンの調査によると、部屋干しする主婦が9割もいることが判明。そのうち、7割は乾きにくい・嫌な臭いがする・室内がじめじめするなどの不満を持っているそうです。

臭いの原因は雑菌によるものなので、部屋干しすることで湿気が高くなり繁殖しやすくなってしまいます。

なので、室内でも日差しの入るところに干したり、扇風機・エアコン・洗濯機の乾燥機能などの家電を活用するようにしましょう。

20160823-1

昔のやり方で、洗濯物の下に新聞紙を敷いておくという方法もあります。湿気を吸い取って、乾燥の時間を短くするのに役立ちます。しかし、役目が終わったらすぐに処分しないとカビ発生の原因になりますので気を付けましょう。

主婦にとって家事は当たり前ですが大変ですよね。少しでも楽できるように色々と工夫してみましょう!


スポンサーリンク