岸和田だんじり祭り!試験引きから本宮まで日程や見どころを紹介!

20160712-5

『祭りじゃ、祭りじゃ、だんじりじゃーい!!』の歌でお馴染み。大阪・泉州の岸和田だんじり祭り!全国的にも有名な祭りとあって毎年すごい人で、渋滞に巻き込まれるのは当たり前。電車もちょー満員!泉州の祭りで唯一、活気づく祭りです!

今回は、そんな岸和田だんじり祭りについて紹介します。

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭りとは?

300年の歴史と伝統がある『岸和田だんじり祭り』、始まりは、元禄16(1703)岸和田藩主の岡部長安(おかべながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請して、米や麦、豆、あわびやひえなどの5つの穀物がいっぱい取れるように(五穀豊穣)祈願して、行われた稲荷祭りがその始まりと言われてます。

当初の祭礼は「にわか」や狂言などの芸事を演じて、その後は三の丸神社と岸城神社へ参拝したようです。

岸和田だんじり祭りの『試験引き・宵宮・本宮』って?

試験引き
祭り本番前、テスト曳きをすることです。基本は9月の初めの日曜日と祭り前日の2回します。しかし、91日が日曜日の場合は次週になります。

宵宮(よみや)
夜宮・宵宮祭・宵祭とも呼ばれます。今は、祭りの前夜に行う前夜祭、準備祭となっていますが、本当は当番の家やお旅所に奉安されている神霊が本祭の為に、本社に帰る還御祭に当たって、祭りの中でも重要でした。

本宮(ほんみや)
神社が決めた大祭(例大祭)の日をことを言います。本宮の日に宮入りするのが一般的ですが、それぞれの地区や神社によって違うこと多いです。

地車の重さや値段
だんじりって、土地によって形や大きさが違うんですよっ!岸和田型 堺型 住吉型 大坂型 石川型 北河内型 神戸型 宝塚型 などなど・・・。

今回は岸和田だんじり祭りについてなので岸和田型について説明します! まずは値段なんですが新しくすると、本体だけでも五千万円。

しかし、岸和田型は彫刻が多いので八千万円~一億円。一億円超えるものも多いらしいです。

本体以外に笛・太鼓・鉦などの通称、鳴り物、金網・旗などの装飾品、提灯や曳行するための備品を含むと相当な金額が要ります。

20160712-1
出典:岸和田市公式サイト(https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/)

あと、地車を保管するための地車小屋もいりますね。・・・総額は一体いくら位なんでしょうか?

大きさや重さなんですが岸和田型の場合、高さが3メートル75センチの重さが4トンが最近までの標準サイズとされてきました。

しかし・・・、高さ3メートル85センチ以上で重さ4.5トン超えのものもあります。

こんなものが、人の力で進んで勢いよく道曲がったりするんですから興奮する反面、倒れないかとひやひやします!

だんじり祭りの日程について

まず、試験引き・宵宮・本宮で共通していることは

  • 雨天決行します
  • 最寄りの駅は南海岸和田駅
  • 駐車場はありません
  • 交通規制あります(岸和田駅周辺)

車なんかで来たら絶対だめです!規制されてないところでも通行人が多すぎて車側が青信号になっても渡り切れてません。

おかげで渡り切るまで待つことになりますし、かなり交通規制されますので迂回しまくりです。電車も人が多くて大変ですがそちらの方がマシです。

試験引きの日程

  • 94日 日曜日  14時~16
  • 916日 金曜日  14時~16

試験引きは、宵宮・本宮に向けてのテスト曳きです。この時に不備がないか確認します。曳行時間は短いものの本番みたいに曳いているので楽しめますよ!!

14時から曳行開始となっていますが今は13時半から始まってます。なので、早めに来て楽しむことが出来ます。

宵宮の日程

917日 土曜日  6時~22

当日の流れ

曳き出し    6時~7時半

午前の曳行  9時半~11時半

パレード    13時~15時くらいまで

午後の曳行  15時~17時くらいまで

夜間曳行    19時~22

宵宮は早朝にスタートです!曳き出しも人気が高くて早朝から人いっぱいです! 午後から行うパレードも見どころ!!岸和田商店街の駅側アーケード入口で各町の式典を行います。パフォーマンスもあったりするので楽しいですよ!

20160712-3
出典:岸和田市公式サイト(https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/)

本宮の日程

918日 日曜日  9時~22

本宮の流れ

宮入り      9時~12

午後の曳行  13時~17(毎年18時頃までしてます)

夜間曳行    19時~22

2日目は本宮の宮入り! 岸城神社・岸和田天神宮・弥栄神社の氏神様を参拝して五穀豊穣などをお願いします。

見どころの一つに岸城神社へ参拝するだんじりがこなから坂でやりまわしをします。迫力ありますよ! 

4トン近くの地車が結構なスピードで曲がって行くんですから、横転しそうになったり電柱に当たりそうなのを見てたらひやひやします。そして、やりまわしが終わっただんじりは宮入りをします。

20160712-4
出典:岸和田市公式サイト(https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/)

岸和田だんじり祭り!おすすめスポット!

カンカン場
やりまわしといえば、この場所の名前があがるほど有名な場所です。ここには毎年、有料ですが観覧席が設けられています。

小門・貝源(こかど・かいげん)
ここも有名です。浜より左にのやりまわしを小門、右にやりまわししたら貝源と言われています。道が細くて、人も多く、やりまわしが間近で見れます。

武部佛だん店
やりまわしが盛んに行われる場所です。

堺町S
堺町の会館前で、色んなだんじりがS字カーブを通っていきます。ここも迫力のある曳行が見れます。会館近くに肉屋のコロッケや揚げ物もあるので、是非食べて下さい!

本町S
本町の仏壇シメノ付近になります。ここもどんどんだんじりが来ますので見逃せないです!

場所はこんなところです。他は、だんじりが止まってる間に彫り物も見てみて下さいね!かなり細かく、丹念に彫られてますので圧倒するかもしれません。

お子さん連れなら、夜間曳行がおすすめ! だんじりをスローペースで曳いてるので、お子さんと一緒についていけますし、安心してみることが出来ます。出店もいっぱいありますので楽しめます!存分に堪能してください!

岸和田だんじり祭りって毎年50万人~60万人来てるんですよ!そんなに来てるのかとビックリしました。休日だからというのもあるとおもいますが()

休日で人が多いので会場が近い南海岸和田駅より蛸地蔵駅で降りて歩いたほうが良いと思います。

・・・ここだけの話。

それと、、南町かな?漫才師・メッセンジャーのあいはらさんに会えるかもしれません。あの方は、岸和田の人なんで確か、毎年曳きに来てるはず()

今年のだんじり祭りも事故やケガが無いようにお願いしたいですね!


スポンサーリンク