年賀状のマナー!手書きの場合は?縦書きにするべきか横書きでもOKか?迎春や謹賀新年の使い分け!ボールペンで書くのはOK?

20161020-4

相手の方へ元旦に届くように送る年賀状。パソコンソフトも普及していますので、多くの方が使われているかと思います。身内や友人への年賀状は印刷したものでいいかもしれませんが、会社の上司や先輩などのいわば目上の人に対しても印刷された年賀状でいいのでしょうか?

マナーに関しても気を付けるべき点はどこなのか、今回の記事内容を参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

上司や先輩などの目上の人への年賀状は印刷で良いのか?

気持ちが伝わるかどうかが大事なので、基本的には上司などの目上の人への年賀状は一言を手書きで添えるのが常識です。

自分が受け取る側として考えてみて下さい。宛名も裏面も印刷だけで手書きでの一言さえない年賀状が届いても、印刷された文字だけで何が伝わるのかと思わないでしょうか。

印象にも残らなければ、嬉しくもありません。当たり前ですが誤字や脱字もないように注意しましょう。

20161020-2

宛名はどう書くべきか?

年賀状を出す相手が同じ会社の目上の人なら“様”をつけましょう。宛名は手書きでないといけないというわけではありませんので、こだわる必要もないです。

ですが、手書きの方が目上の人への印象はいいかと思いますので、余裕があるなら是非、宛名も手書きにしましょう。

役職が分かっているなら名前の上に役職名を書いておくといいでしょう。自分の名前を書く時も、所属している部署など書いておけば、より印象が付くかと思います。

基本、年賀状は縦書きです。しかし、裏面のプリントが横なら宛名も横書きに統一した方が良いでしょう。

それと番地などを書く際ですが、縦書きに書く場合は漢数字。横書きに書くなら数字で書くのが正式。なので目上の方への年賀状は、出来れば縦書き。裏面のプリントも縦向きの方が良いと思います。

20161020-5

年賀状に書くべき必要なこと!

年賀状には3つ書かなければいけないことがあります。一番最初は『賀詞』、次に『添え書き』、最後に『年号』です。

賀詞・・・新年を祝う言葉
添え書き・・・挨拶やお礼など

この3つについてのマナーは、次から説明します。

賀詞のマナーについて

目上の人への適切な賀詞
上司や先輩・取引先などの目上の人に年賀状を書く際は、賀詞に気を付けないといけません。一文字の『賀』などや『賀正』や『迎春』などといった二文字の賀詞は使わないようにしましょう。

何故かと言うと『寿』や『賀』『めでたいことです』とだけ言っているのと同じことだからです。二文字の『賀正』や『迎春』も『お正月をお祝いします』『新春を迎えました』と言っているだけ。

なので、四文字の賀詞である『謹賀新年(謹んで新年をお祝いします)』や『恭賀新年(恭しく新年をお祝いします)』などの賀詞を使いましょう。

敬語での挨拶にもなりますし、丁寧で相手へ敬意を表すことができます。目上の人へ一文字・二文字の賀詞を使うと、丁寧さ・敬意がないと思われてしまうかもしれないので使わない方が良いでしょう。

賀詞を重複しない
気づかずに使っている人が多いかもしれません。

『新年あけましておめでとうございます』という文は、賀詞が重複しています。どこの部分かと言いますと『新年』と『あけまして』の二つとなります。

なので『あけましておめでとう』や『新年おめでとうございます』としましょう。

それと『謹んで初春のお慶びを申し上げます』という文は文章の賀詞になるのですが、添え書き(挨拶やお礼)と思われる可能性がありますので、一緒に『賀正』や『寿』を使うと賀詞が重複してしまうので気を付けましょう。

20161020-3

A Happy New Yearは間違い?
この文は定着していますが、正確ではありません。正しくは『Happy New Year』で意味合い的にも『あけましておめでとう』となります。

冠詞である『A』が必要な時は名詞として使うとき。単独の文で使う場合はいりません。ニュアンス的にも「よいお年を」となりますし、年が明けて届く年賀状には不適切です。

しかし、最初にいいましたが定着しているので、頭の片隅にでも覚えておいて下さい。

20161020-8

添え書きのマナー

『、』や『。』などの句読点は使わない
『区切りをつけないためにも句読点は使わない』という意味もありますが、一説では筆で書いていた時代の名残りではないかとも言われています。

忌み言葉はNG
忌み言葉である『去る・失う・滅びる』などはNGなので、『去年』などの言葉は使えません。なので『昨年や旧年』を使いましょう。

年号
例としては『平成○○年 元旦』、『○○○○年 元旦』、『平成○○年 一月一日』など。新年の最初の日の朝を元旦と言い、一月一日のこと。

なので、『一月元旦』や『一月一日元旦』は二回も『一月一日』と書いているのと同じ。縦書きで書くときは漢数字を使わないといけないので『平成二十八年 元旦』と書きましょう。

その他
誤字や脱字のチェック、黒縁のデザイン・弔辞を思わせるグレーや薄墨の文字はダメです。

写真が印刷された年賀状について

この手の年賀状はよくありますよね。親しい人へは近況報告も兼ねていいと思いますが、目上の人や仕事の上でしか付き合いがない人には失礼と思われるかもしれません。目上の人でも家族ぐるみで親しいのであれば問題ないと思います。

被写体が子供の場合は相手を選びましょう
よく子供の写真が使われますが、身内や友人・子供のことを知っている相手ならいいでしょう。ですが、不感に思う人がいることも事実です。

例えば、子どもと面識がない人や子供ができない人、あと処分に困るなど人それぞれですが配慮が必要だということです。

しかし、誰に送っても大丈夫でダメなのか分かりませんし、そのためにいくつもの種類を作っておくのも手間がかかります。

そういう時は家族写真がオススメです。パソコンソフトにもよるかもしれませんが、控えめに小さなスペースで写真を載せれるデザインのものもありますので、活用してみましょう。

黒枠で写真を囲まない
遺影みたいになりますし、新年の挨拶状である年賀状に使うのは縁起が悪いので止めておきましょう。

20161020-7

まとめ

年賀状を受け取る側としたら、印刷だけされたものと手書きのものとでは、やはり嬉しさが違います。ネットが発達している現代では、手が加えられた年賀状というのは有難いもの。

お世話になった相手へは、手書きで一言添えた年賀状を出していただきたいものです。目上の人への年賀状は、身内や友人に書く時よりも緊張すると思います。賀詞が重複していないか、誤字・脱字がないかなど念入りに確認しておきましょう。


スポンサーリンク