恵方巻きについて!なぜ無言で食べるの?食べる時期はいつ?

20161123-3

関西では、昔から節分の日に恵方巻きを食べるのが定番です。しかし、それがいつの間にやら全国で食べるようになりました。なぜ食べるようになったのか、いつから全国的に食べられるようになったのでしょうか?恵方巻きは、恵方の方角に向いて無言で1本食べるという食べ方ですが、無言で食べることに何か意味があるのか。

何となく縁起が良いらしいということで食べている方が多いかと思います。なので今回は、恵方巻きの【由来・無言で食べる意味・方角の決まり】について解説します。

スポンサーリンク

恵方巻きはいつから始まったのか?

発祥の地は関西。江戸時代末期、大阪の船場の風習。起源の始まりは商売繁盛の祈願のためといわれています。

なので、関西人にとっては『節分といえば恵方巻き』という感じです。もちろん、豆まきもしますよ()

20161123-5

1932(昭和7)には恵方巻きが売られていて、1本あたり20銭。当時『節分の日に丸かぶり~恵方に向いて無言で~』というチラシが大阪鮓商組合によって作られており、大阪歴史博物館に残されています。

19491977(昭和2452)の間、土用の丑の日に鰻を食べる習慣に対抗すべく販売促進のために海苔巻きの販売。

大坂の海苔問屋協同組合が作った『恵方に向かって無言で家族そろって巻き寿司を丸かぶり~』のチラシを寿司屋に海苔を納品する際に配り、百貨店でも『23日幸運恵方巻き寿司売り出し』と宣伝・販売。海苔業界による『海苔祭り』が大阪道頓堀で開催。

節分の日に丸かぶりする巻き寿司『幸運巻き寿司』の販売活動、関西厚焼工業組合による同じような宣伝を行ったため、恵方巻きが風習とともに広がって行きました。

しかし、全国的に広まったのはコンビニ業界が目を付けたからです。1989(平成元年)にセブンイレブンが広島で販売しました。これが反応が良かったので、1998(平成10)には全国販売へと展開します。

その後、2003(平成15)にファミリーマート、2008(平成20)にはミニストップが全国で販売を開始します。

恵方巻きの由来として、巻き寿司の『巻く』は『福を巻き込む』という意味。何故切らずに食べるのかというと『縁を切らない』という意味合いからです。

20161123-2

なぜ無言で食べるのか?もし喋ったらどうなる?

そもそも恵方巻きは、願い事をしながら食べるというのをご存知でしょうか?神社などへお参りするときは、手のひらを合わせて口にせず、心の中で願い事を言いますよね。

あと、京都の祇園にある花街に伝わる古い風習で『無言参り』というものがあります。誰とも喋らず無言で、八坂神社と御旅所を7往復してからお参りすれば願いが叶うといわれています。

なので、恵方巻きも神事として無言のまま食べましょう。他の理由としては、福を巻き込んだ巻き寿司を食べた時、口を開けてしまうと福が逃げてしまうからというのもあります。

しかし、太くて長い巻き寿司を1本食べ終えるまで無言で恵方の方角を向き続けることはなく、願い事をしている間だけでいいです。願い事が終われば、会話しながら完食しても構いません。

方角はどうやって決まるのか?

実は方位学で決められており、4種類ある恵方の方位を一年ごとに順を追って回ります。単純に言えば干支にちなんだ方位学であり、中国の陰陽五行思想というのが起源です。

20161123-4

最後に

いかがでしたでしょうか?

他にも恵方巻きに関して言えば、具材にも由来があります。基本7種類の具材なのですが、この7種類というのは七福神に由来しています。

といっても、縁起担ぎの為の語呂合わせというだけで、七福神にちなんだ具材というわけではありません。今では7種類を超えて10種類の具材が使われている恵方巻きもありますもんね。

節分の日には、お願い事をしつつ恵方巻きを美味しくいただきましょう!


スポンサーリンク