箕面の紅葉2016!見ごろやライトアップの時間は?おすすめのアクセスについて!車ではいけるの?

20160822-6

大阪の紅葉スポットとして有名なのが、大阪府箕面市にある箕面公園の“箕面の紅葉”日本の滝百選にも選ばれるほどの絶景です。33mの高さがある大きな滝は、必ず皆が訪れる名所となります。自然に囲まれているので、箕面滝道には時期に応じた樹木が訪れる方々を惹きつけます。

今回は見頃やライトアップの時間、アクセスについて紹介します。

スポンサーリンク

箕面の紅葉!見頃はいつ?

箕面公園の紅葉の見頃は、例年11月中旬~12月初旬ごろになります。11月の上旬から色づき始めるので、中旬ぐらいになると全体に色づいています。しかし、天候・気温などにより見頃の時期が多少変わるので気をつけましょう。

箕面公園の詳細

時間に関しては公園ですので園内自由です。植えられている樹木はイロハモミジなどが約6000本あるそうです。ライトアップなんですが今のところ未定となっております。

住所    : 大阪府箕面市箕面公園1-18
問い合わせ : 072-721-3014 
アクセス方法: 電車 阪急箕面線箕面駅から徒歩で約40分。
        車  (箕面駅前)名神高速茨木ICから約30
           (箕面駅前)名神高速吹田ICから約30

11月の土日祝は箕面ドライブウェイ(府道豊中亀岡線)の一方通行規制があります。

20160822-5

駐車場はあるの?

まず車で行かれる方、箕面公園内・滝道沿いには駐車場はないのでご注意下さい。駅から近い場所に箕面駅第1駐車場があります。第2駐車場は201641日~930日の間は大規模な改修工事をしているので全面閉鎖されます。

この期間は利用できませんので気を付けてください。後、箕面大滝に近いところで箕面大日駐車場があります。こちらはバイクは停められません。

徒歩で約10分のところの駐車場は917時まで営業しています。11月の土日祝は817時まで。70台収容できて、一部の期間を除いては無料開放されます。

有料になる営業期間は416日~1211日までの土日祝、行楽シーズンであるゴールデンウィーク(429日~58)・夏休み期間(723日~831)・紅葉シーズン(1022日~1211)になります。駐車料金は普通車で1000円、バスは3000円。バスは予約が必須です。

20160822-3

箕面の名物

周辺グルメを紹介しても良かったのですが、箕面にきたら是非食べていただきたいものがありますので紹介したいと思います。その紹介したいものというのが“もみじの天ぷら”です。

天ぷらというより揚げ菓子になります。モミジのそのままの姿で柔らかい衣ではなく、カリッと揚がっていて、ほどよい甘さです。ゴマの風味も香ばしく好評なので、箕面公園に行った際は食べてみて下さい。

採りたてを揚げているわけではなく、1年以上塩に漬け、その後に塩を抜いてから天ぷらにしています。結構、手間暇をかけて作られているものです。

売ってる場所は、阪急箕面駅を降りて、滝のある箕面公園へと続く緩い坂道があるのですが、その道沿いに店頭で揚げている店が何軒もあります。売っている店が見つからないことはないです。

紅葉期間は売り切れになったりしますので、早く買っておきましょう。昼過ぎには、どの店も売り切れてしまいますので、箕面公園に向かう前に買っていくことをおススメします。

ちなみに、もみじの天ぷらはオールシーズン買えます。紅葉期間と夏休みに川遊びにくる時季を除けば、普段は静かな場所です。

20160822-7

紅葉期間は人も多く、足も疲れてしまいます。その時は、阪急箕面駅のすぐ近くに足湯がありますので、ご利用ください。もみじの天ぷらは伝統なお菓子で、お土産としてもあるので家族や友達などに買ってみても良いかもしれませんね。


スポンサーリンク