神戸イルミナージュの混雑状況は?最寄り駅やバスのアクセスなど!

20161007-1

今年で6回目を迎える『神戸イルミナージュ』。開催地は神戸フルーツ・フラワーパークというところで、兵庫県神戸市北区に位置しています。神戸のイルミネーションといえば神戸ルミナリエが有名ですが、神戸イルミナージュも負けてはいません。広い会場に織りなす幻想的でロマンチックなイルミネーション。恋人や家族で来ても楽しめます。

それで今回は『開催期間』や『アクセス方法』、『混雑状況』などをご紹介します。

スポンサーリンク

神戸イルミナージュの開催期間や時間は?

まず初めに神戸イルミナージュの開催期間や時間についての情報です。

期間 2016111()2017212()
時間 17時~22
点灯時間 17時半~21時半
雨天開催・ペット同伴入場OK

見どころは『光のモンキーショー』など色々な趣向のイルミネーション。テーマに沿った『HIKARIのトンネル』などのイルミネーションがあって楽しめます。

神戸イルミナージュのチケットは?

神戸イルミナージュは年齢によってチケットの料金が違います。チケットも通常のチケットとプレミアムチケットに分かれています。

通常のチケット
大人(中学生以上) 1000
小人(小学生以下) 500
3歳未満 無料

プレミアムチケット
大人(中学生以上) 2000
小人(小学生以下) 1000
3歳未満 無料

通常で買う場合は上記の料金になりますが、前売り券だと安く買うことができます。神戸イルミナージュが開かれる1030日より前に買うと通常料金より20%割引された料金となりますので、前もって行くと決めている場合はおススメです。

1030日以降だと当日券と同じ額になりますので注意しましょう。

20161007-4

神戸イルミナージュのイベントは?

2015年の神戸イルミナージュのテーマは『イルミネーションによる白亜の世界と幻想の世界』でした。2016年は4つのエリアに分かれており、幻想的なイルミネーションとなっていて2015年より格段に凄くなっている模様。

昼間はチューチュートレインという乗り物が運行していますので、広い会場の移動手段としてご利用下さい。ただ夜間は運行していませんので気を付けてくださいね。

乗り物はキレイな電飾が施され、光る動物たちが乗っています。会場の中には神戸モンキーズ劇場があって、20分ぐらいのお猿さんのショーを見ることができます。

20161007-5

神戸イルミナージュ!最寄り駅やバス等でのアクセス

それでは次はアクセスです。公共の交通機関を利用するのも良いのですが、マイカーで行くこともできます。

神戸電鉄
岡場駅下車 神姫バス69系統「フルーツパーク行き」に乗り換え 到着まで15分程度

JR三ノ宮駅
土日祝のみ運行 神姫バス38系統で35分程
三ノ宮駅からフルーツフラワーパークまでのバス料金は610

JR三田駅
タクシーで15分程 料金は3000円ぐらい

神戸イルミナージュが開催されている期間は、土日祝のみですがホテルから無料送迎バスがあるみたいです。

車でいく場合
六甲北有料道路大沢ICを降りてすぐ
神戸市内から40分 大阪市内から1時間 京都市内から70分ぐらい掛かります

駐車場は有料ですが、1500台入るところがあります。普通車の料金だと1500円。

神戸三田プレミアムアウトレットやイオンが、会場の神戸フルーツ・フラワーパークから車で10分ぐらいのところにありますので、そちらを利用しても良いかもしれません。 始まるまでの間、お買い物などいかがでしょうか。

20161007-3

神戸イルミナージュ!混雑具合

最後は気になる混雑具合ですが、神戸イルミナージュの会場である神戸フルーツ・フラワーパークは結構広いですし、クリスマスシーズン以外ならそんなに混んでいないです。

ですので、ゆっくり観て回ることが出来ると思います。駐車場も週末でも難なく止められますのでマイカーで出かけるのもいいかもしれませんね。

20161007-2

いかがでしたでしょうか?

神戸フルーツ・フラワーパークは、市街地より離れており気温が低いところにあるので、風邪など引かないように防寒対策はしっかりした方がいいですよ。

開催されている間はBBQができる場所がフードコートに変わっていて、暖かい食べ物などを買うことができます。

しかし、イスやテーブルの置いてあるところが屋外になりますので、防寒していないと食べられません()。

今年の神戸イルミナージュを是非、楽しんでくださいね!


スポンサーリンク