お中元やお歳暮!それぞれの由来や違いは?片方だけ贈るのはOK?

20160831-4

お中元やお歳暮の由来、皆さんご存知でしょうか?2つとも日頃の感謝を込めて贈るものです。毎年贈っている方・これから贈ろうと考えているのならば、お中元やお歳暮の由来を知っていても損はありませんよね?今回の記事内容は、お中元やお歳暮の由来や違いはあるのか?

両方贈るべきか、どちらか片方だけでもいいのか?などについて説明します。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮の由来

本来は、お中元の「中元」というのは715日を指し、古来より中国では「上元」の115日・「下元」の1015日と共に大切な祭日で、道教の思想に由来しているのです。上元・中元・下元の3つは3人の天神様それぞれの誕生日で、人々はお祝いにい供え物をしていました。

日本では、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という先祖の供養の行事「盆」がありますが、この盆には送り火・迎え火・盆踊りなどの儀式があり、その中の1つに「盆礼」があります。

この盆礼というのは、親・親戚・近所の方々との間で霊前にお供えする品をやり取りする習慣だったのです。一部の地域だと生御霊(いきみたま)と呼ばれており、亡くなった方を供養するときと一緒に生きた魂も供養するという考えのもとに、物を取り交わしていたそうです。

これが中国でのお供え物と結びついて、現在では盆の時期にやりとりえをするようになりました。

お中元やお歳暮の違い

お中元は夏の暑い時期に、お歳暮は一年の締めくくりに。違いは贈る時期や贈る品だけで、日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちや健康に気遣う気持ちを伝えるために、古くからおこなわれていた風習というのは一緒で、これといった違いはないです。

お中元を贈る時は時期が夏なので、ビール・冷菓や体調を整える・スタミナをつけるために、フルーツやお肉を贈る方も多いです。

お歳暮は冬に贈りますので、寒い時期にご家庭でゆっくりと味わていただけるように日本酒やワインなどの酒類、鍋料理の具材やハムなど加工食品が好まれるのでオススメです。

20160831-3

お中元とお歳暮!両方贈るべきか、片方だけでもいいのか?

一年の盆と暮れの年2回に日頃の感謝・健康を気にかける気持ちなど、物を通して相手に伝えるのが「お中元・お歳暮」です。

お中元・お歳暮のどちらか片方を贈るのならば、お歳暮は一年の締めくくりなので、お中元よりお歳暮を重要視された方が良いでしょう。

両方贈るのでしたら、お中元よりお歳暮に贈る品の方が、少し高めの価格にすることが一般的です。

お中元・お歳暮を贈る人の割合は20代以上が9割を超えていて、かなり定着してきてます。親・親戚・上司・取引先・仲人・お稽古先の先生などに贈る方が多いですが、取引先や顧客に一律で贈るという行為は、会社によって禁止しているところもあるようです。

それに学校の先生などは、受け取り辞退することも少なくないです。贈物というのは、気持ちや思いやりがあってこそ価値があるもの。贈る相手のことを考えながら品定めしましょう!

20160831-5

お中元もお歳暮も、半年に一回の大事なご挨拶の機会。贈り物をするのなら、ちゃんと時期を守りましょう。

お中元シーズンというのは、6月初旬から盆までとする約2か月間です。地域により違いがあると思いますが、7月初旬から8月初旬までが一般的です。


スポンサーリンク