仏滅に結婚式を挙げても本当に大丈夫なの?大安と比べて費用は安い?

20160717-7

仏滅って、縁起が悪い日として認識されてますよね。若い人はあまり気にしてないと思いますが、それなりの年齢の方は、結構気にすると思います。特に冠婚葬祭については六曜を意識する方が多く、『結婚式は大安』、『葬式は友引を避ける』と言った感じで意識している方は多いと思います。

そんな中で若い方にとって結婚式の費用と言うのはバカになりませんが、仏滅は結婚式場もかなり割引をするという話を聞いた事もあります。

そこで今日は本当に仏滅に結婚式をしない方が良いのか、費用に変わりがあるのか等、紐解いていこうと思います。

スポンサーリンク

仏滅の意味

縁起の悪い日とされていますが、詳しい意味はよく分からないと思います。なので、仏滅の意味を説明します。

意味を説明する前に、まず暦注(れきちゅう)について簡単に説明します。暦注というものは、暦に記されている日時と方位などの吉凶とその日の運勢などの事です。

この暦注に六曜(ろくよう)というものがあり、この六曜には先勝・友引・先負・仏滅・赤口・大安の6種類があります。

ということは、暦というのは良い・悪い日や方角・時間を日ごとに決めたものということです。その中の1つに仏滅があるのです。

日にち11つに意味があるということですね。この六曜というものは中国から伝わったとされています。

本題ですが、仏滅の意味は仏も滅するような大凶日だそうです。昔は全てがむなしい物滅とされていましたが、時代が進むにつれて『物滅』が『仏滅』と変わったそうです。

六曜で一番縁起の悪い日ですが、明治時代に一度禁止になり、第二次世界大戦が終わるのと同じくして復活しました。それから現在まで残っているわけですが、仏教は全く関係ないです。

20160717-8

仏滅に結婚式はダメなのか

仏滅って、結婚式や葬式、お通夜など何をやるにしても、縁起が悪いということで避けられていますよね。今回のテーマである結婚式の日取りは、昔から六曜が重要視されてきましたから、大安や友引の縁起がいい日が良いとされています。

だからなのか、式場によりますが仏滅割引や仏滅特典など費用が安くなったりするプランが出るようになりました。正直なところ、六曜とか分からないし費用を抑えたいとか、仏滅とか気にしたことがないという人もいるのではないでしょうか。

でも、本当に仏滅での結婚式は良くないのか?上で述べましたが、仏滅は仏も滅するような大凶日という縁起の悪い日。

20160717-1

お祝い事はこの日を避ける習慣が根強くあります。しかしここで2つの説に分かれます。それは、終日を凶とする説と午後から縁起が良いという説です。

後者の午後から縁起が良い説を信じるのなら、12時以降なら問題ないということになります。ですが、招待する中に年配の方がいるのなら気にする方が多いと思いますので、出来るなら避けた方が良いと思います。

まぁ今の時代、気にする人もあまりいないと思います。あえてメリット重視で仏滅を選ぶカップルも増えてきています。そのメリットというのは

  • 費用や料金が安くなる(割引がある)
  • サービスや特典がつく
  • 自分たち以外の結婚式が少なく、式場が混雑しないし落ち着いて進行できる

20160717-3

結局、大安だろうと仏滅だろうと一番大事なのは本人たちの気持ちだと思います。結婚式を挙げるのはメインである本人たちですし、最終的に決めるのも本人たちです。

不安なら一度、ご両親に相談してみて下さい。ご両親も何か思うことがあるかもしれません。話し合って了承されたら仏滅でも良いと思います。

20160717-4

仏滅割引は何割引きか

仏滅の日に割引を全くしない結婚式場もありますが、多くの結婚式場では割引を実施しているようです。

私の周りで聞いたことがあるもので一番の仏滅割引は、半額でした。これはでかいですね。他は5%割引・10%割引・30%割引・招待客1人につき1000円割引などありました。式場によりかなり割引額が違いますね。

招待客1人につき1000円って・・・料理に一品つけれるかも怪しい。逆に30%も割引きしてもらえるなら、何十万も値引きされたことになりますね。浮いたお金で新しい新居に置く家具などに回せますし、新婚旅行にも使えますね。

仏滅に結婚式を挙げる事に関しては賛否ありますが、本人をはじめ、両親等から理解が得られれば悪い選択ではないかもしれません。

若い二人は結婚後にお金が掛かりますが、結婚式で貯金を使い果たすよりは、少しでもお金を余らせて結婚後の生活の為に使うという考えもありだと思います。


スポンサーリンク