子供が熱を出した時に冷やすべき場所は?病院に行くタイミングは?お風呂に入れても大丈夫?

20160811-8

初めてのお子さんなら、初めて子供が熱を出したときは焦ります。大人と同じ対処方法で良いのか?とか、どこを冷やせば熱が下げることが出来るのか?この対処方法は正しいのか?頭をフル回転させるでしょう。しかし、症状によっては『冷ます』という行為が逆効果になってしまうこともあります。

なので、子供が熱を出した時の対処法や病院に行くタイミング、お風呂は大丈夫なのか等、まとめました。是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

子供が熱を出した時の対処

先程も言いましたが、熱を出してるからといって、ただ冷やしても逆効果になったりします。まず大事なのは、子供がどんな状態なのか確認するところからです。

熱かあって、悪寒がしているのか確認しましょう。悪寒がしているのなら冷やすのではなく暖めてください、無理して汗をかかなくてもいいです。

風邪からくる発熱は、ウイルスを死滅・免疫力向上のために発熱するので、冷やしてしまったら治りが遅いです。

ただ、この時に注意して欲しいのは脱水症状です。汗をかいているときは脱水症状を引き起こすかもしれないので、こまめに水分補給してあげてください。

20160811-11

冷やす場所はどこなのか

悪寒が治まって、子供が暑がるようでしたら熱が上がりきったサインです。なので、薄着に変えてあげたり、布団も薄くして外に手足を出したり、氷嚢(ひょうのう)などをタオルで包めて冷やしてあげましょう。

冷やすのに効果的な場所は、脇・太もものつけ根・首の後ろになります。この3ヶ所は太い血管が通っているので、血液の流れによって全身を冷やすことができますので効率的ですよ。

皆さんが小さい時は、親御さんに額を冷やしてもらった経験があると思うのですが、それはあまり効果がないです。

体内の熱を出すために、何もしないほうがいいです。熱冷ましなどの活用方法としましては、熱で寝れないときや水分が十分に取れていないときに使うのが良いでしょう。

発熱時のお風呂について

こちらも子供の状態によって見極めないといけません。なので、見極めポイントをおさえましょう。

1.熱が38度以下
もともと平熱が37度代の子もいたりと個人差がありますが、お風呂に入る前に体温を測定しましょう。

それで38度以上の高熱なら、子供が例え元気でも入浴は控えないといけません。熱が何日も続いてたり、息苦しい様子なら特に注意が必要です。

2.元気な様子で食欲もあるか
熱が38度以下で、子供も機嫌が良いなら入浴は大丈夫のようです。しかし、微熱があり、いつもと比べると元気も食欲もないようなら、入浴は控えたほうが良いです。

3.悪寒がないか
悪寒がある場合、これからまた熱が上がる可能性が高いです。お風呂に入れて、暖めてあげたくなる気持ちもありますが、そこは堪えましょう。

熱が上がり過ぎてしまうと、入浴で体力を消耗する可能性があるので、熱が上がりきってしまうまで微熱程度でも入浴は控えましょう。

4.解熱剤を使っているか
解熱剤を使わずに熱が安定しているなら大丈夫です。が、解熱剤を使用している時は、一時的に熱が下がり、また熱が上がることがありますので、入浴は控えた方が良いです。

5.湿疹や外傷はないのか
発熱以外で湿疹・とびひなどの外傷がある時、微熱程度なら入浴は大丈夫ですが、雑菌が入るのを防ぐために、可能なら一番風呂に入れてあげて下さい。

一番風呂が無理なら、傷口を擦らないように気を付けて、短時間でシャワー入浴で済ませましょう。

20160811-7

子供が熱を出している時の入浴の注意点

熱を出している時は、免疫とウイルスが体内で戦っています。一見、元気に見えても普段より体力が低下しています。なので、子供が発熱している時の入浴は注意しましょう。

1.ぬるめのお風呂・シャワーにする
発熱時に熱めのお風呂で長湯してしまうと体温が上がり過ぎます。なので、3738度程度のお湯でお風呂に浸かるか、短時間のシャワーで済ませましょう。お風呂に入った際は、水気を拭き取り、寒くならないよう直ぐに服を着せてあげてください。

2.事前に脱衣所・浴室を温めておく
脱衣所と浴室に気温差があると、お風呂上りに湯冷めしてしまいます。ですので、事前に温めておきましょう。また、秋・冬は気温が低いので昼間にお風呂に入るのも良いです。

3.ほてりがある時は冷ましてから服を着せましょう
熱めのお風呂で長湯してしまったら、火照ってる状態なので、直ぐに服を着せない方が良いです。なぜなら、体に熱がこもってしまうからなのです。汗をかいて逆に湯冷めしてしまうこともあるので、暖かい場所で肌着を着せるかバスタオルに包んで、火照りが冷めてから服を着せてください。

4.しっかり髪を乾かす
入浴後、髪が濡れたままだと湯冷めして症状が悪くなる可能性があります。髪を洗っても大丈夫ですが、すぐにドライヤーで髪をしっかり乾かしましょう。

5.水分を取らせる
熱があるときは、よく汗をかくので脱水症状に気を付けないといけません。お風呂から上がった後はスポーツ飲料・経口補水液など飲ませ、水分補給してあげて下さい。

20160811-4

食事や水分で気を付けるべきこと

熱が出ている時は体力的にも弱っています。そんな時に大事なのは、睡眠・水分・栄養の3つです。病気・疲労・ビタミンB1の不足・ビタミンADの摂り過ぎなどでも子供は食欲不振になりやすく、抵抗力が衰えます。

発熱は病気と闘っているということなので、子供に少しでも負担のないような食事を用意してあげましょう。発熱時の食事の基本は、エネルギーの消耗を抑える事と水分補給をしっかりして、脱水症状を防止することです。

こまめに水分を取らせて、消化にいい食事をあげましょう。発熱から回復するまでの期間別も紹介しておきます。

発熱期・稽留期 熱が出てきて、どんどん上昇する期間・熱が一番高い期間

  • 汗をかくので、清潔な服やパジャマに着替えさせる
  • この期間は、食欲がなかったら無理に与える必要がない
  • ポカリスエットなどのイオン飲料、リンゴジュースを水で薄める
  • 食欲が出てきたらゼリー、すりおろしリンゴなど少しづつ食べさせる
  • 吐き気・下痢がある場合、でんぷん性の葛きり・葛湯なんかも食べやすい
  • 食べれなくても、水分補給は必ず
  • 特に熱がピークの時(稽留期)は、体力の消耗が激しく食欲もない場合が多い
  • 吐き気がある場合、無理に食べものを与えると詰まらせる可能性があるので無理して与えず、こまめに水分をとるほうが良い。

※注意

  • 牛乳やココアは消化に悪いので、与えないでおきましょう
  • イオン飲料も糖分が結構はいっているので、糖分を取り過ぎないように水で薄めるなどしましょう

20160811-5

解熱期 熱が下がり始めて、平熱に戻るまでの期間

  • 解熱剤を使用している場合、発熱の原因が無くなったわけではないので、様子をみながら食事を与える
  • 少しずつ食欲は回復するが、いきなり脂っこいものや消化に悪い食事を与えない
  • まだ胃腸が弱ったままなので、消化の良いさっぱりしたものを少量ずつ
  • 水分補給もこまめに
  • 食べ物はお粥やうどんなどの消化の良いものを
  • 飲み物は麦茶などをいつもより多めに飲ませる。

回復期 熱が完全に平熱で、体力も戻る

  • この時期の基本はビタミンやミネラルのある栄養が沢山ある食事
  • しらす・白身魚・卵などの消化の良いたんぱく質、人参、カボチャ・ほうれん草などの緑黄色野菜の食事
  • 弱った体を補うためにビタミンやミネラルがある食事は回復を早める
  • 普段の食事を嫌がる場合は、野菜と溶き卵の煮込みうどんなどは食べやすく、のど越しも良い。
  • その他でのど越しが良いものは、片栗粉でとろみをつける・ツルっとして食べやすい茶碗蒸しやプリン・レンジでチンしたすりおろしリンゴなど
  • 食欲が出てきたら、たんぱく質やビタミン類の食事に切り替え、ウイルスにに対抗する免疫を高める
  • 免疫力免疫力を高める食品はヨーグルト。積極的に食べさせてください

20160811-2

病院に行くタイミングは?

こちらでは、病院に行くべきなのか、の目安をまとめました。子供が熱を出したら『病院に行かなくては』と焦りますよね。

でも、すこし気を落ち着けましょう。もし夜中に熱が出たなら、今から夜間救急外来で受診するべきなのか、冷静になって考えてください。

夜間に受診する場合は、発熱以外での症状で心配なことがあったり、明らかに様子がおかしい時以外は無理に受診しないほうがいいです。

ただ、生後3ヶ月未満の場合は注意しましょう。細菌性脊髄膜炎という病気になる可能性があるからです。

ならば、どういう症状の発熱時は受診しなくていいのか。受診しなくてはいけないのかを見分けるポイントを紹介します。

20160811-6

『発熱』の判断は平熱と比較
平熱が分からないと、普段より熱が高いのか分からないので、普段から体温は測っておきましょう

37.5度以上の発熱は大人だと一般的に発熱といわれる
自分の子の平熱がどれくらいなのかで対応しましょう。しかし、保育園などは朝37.5度以上だと預かってもらえないところもありますし、夕方までに更に体温が上がることもあります。

38度以上の発熱なら、まだ熱が上がる可能性あり。受診しましょう
いきなり38度の熱が出ていて、元気がない時はインフルエンザなどのウイルスによる感染症が考えられます。

38.5度以上の発熱は重い病気の可能性があるので急いで受診
基本38.5度以上になったときは、何かの病気になってるかもしれないので受診は必ずしてください。重症化になる危険性がある病気などは素人では判断できませんので、38.5度以上の熱がある場合は、早めの受診を心がけてください。

いかがでしたでしょうか。子供の発熱には焦ったりしますが、親だからこそ冷静に判断しないといけません。普段から子供の様子や体温なども確認しておきましょう!


スポンサーリンク