シュトーレンのおいしい食べ方!気になる賞味期限は?冷凍保存できるの?

20160929-2

皆さん、いきなりですが『シュトーレン』をご存知でしょうか?正式名は『シュトレン』と言います。お菓子が好きな人なら知っているかもしれませんが、私は最近知りました()実はシュトーレンというのは、ドイツのザクセン州ドレスデンが発祥の伝統的なお菓子で、クリスマスには欠かせない有名なお菓子なんだそうです。

どういうお菓子なのかというと、レシピにもよりますが材料はドライフルーツやラム酒、溶かしたバターが使われており長い間熟成されたもので、日持ちも普通のお菓子より長いです。

それに材料である溶かしたバターを何回も塗り重ねられ、上から大量の粉砂糖をかけるので見た目は真っ白。想像したら気になるし、食べたくなりませんか?

なので今回はシュトーレンの賞味期限や食べ方、冷凍保存はできるのかについてまとめました。

スポンサーリンク

シュトーレンのオススメの食べ方

ドイツの伝統的なお菓子であるシュトーレンですが、伝統的なものには伝統的な食べ方があります。

イエス・キリストが生誕したことを記念する日とされているのがクリスマス、というのは知っている方も多いと思います。

日本では生誕を祝うという意識はありませんが、ドイツではクリスマスの4週間前からイエス・キリストの生誕を待ち望みながらシュトーレンを薄く切って少しずつ食べる、というのが伝統的な食べ方です。

20160929-3

では、本題であるオススメの食べ方についてご紹介します。ポイントとなるのは4つ。

1か月過ぎたものを食べる
・出来立てはホクホク
・しかし、ドライフルーツなどが生地に馴染んでいない
・主張が強いため味がまとまらず落ち着きがない
・寝かせると熟成し、味全体がまとまる
・鉄則は1か月以降に食べる

温度が変われば味も変わる
<常温>
・素材の味が全体に馴染んでいる
・純粋に味を楽しめる
・一番飽きない食べ方

<温める(薄く切り、ふんわりとラップをかけ電子レンジ10)>
・スパイスの香りが口に入れる前から香る
・生地にしみ込んでいる風味が食べる瞬間に口に広がる
・温めることにより風味が引き立つ

<冷やす(薄く切りラップに包んで30分冷蔵庫)>
・噛むほど凝縮された味が徐々に来る
・後味を楽しむ食べ方

味に変化が欲しいときはトッピング
<ホイップクリーム>
・食感が柔らかくなる
・生地がまろやかに
・本場ドイツでもやっている食べ方

<クリームチーズ(バターを塗るように薄く塗る)>
・絶妙な味に変化
・新鮮な味わい
・塗りすぎるとチーズの味が勝る

20160929-4

飲み物
・定番はコーヒーと紅茶
<ホットチョコレート>
意外に合う
・甘党の人にオススメ

<ホットワイン(グリューワイン)>
・スパイスと砂糖を入れて味付けした温かい赤ワイン
・クリスマスマーケットや輸入食品を取り扱う店にある
・アルコールが程よく残っており、ほろ酔い気分になる
・大人のティータイムを楽しめる

<シャンパン>
・どっしりとした食感のシュトーレンが柔らかく、食べやすくなる
・フルール系のアロマが合う

シュトーレンの賞味期限は?

熟成されているので日が経てば経つほど美味しさが増すのですが、市販のものだと大体4週間。約1か月ほど日持ちするそうです。

しかし、日本だと日本人に合うように作り方が変わっているものも多いので、買うときは賞味期限を確認しましょう。手作りされているものに関しては、表面に塗られたバターが少なくなってしまうので日持ちする日数は短いです。

なので、作り方によって変わりますが、目安としては2週間としておいた方が安心だと思います。

20160929-1

シュトーレンの保存方法

シュトーレンを保存する際のポイントは、切り分け方と保存するところです。

切り分け方
1.半分になるように中心で切る
2.切った断面から端に向かって人数分薄く切る。左右どちらから切っても構わない
3.切り終えたら左右の断面を合わせてラップで包む

・雑菌が入ったり断面に空気が触れて乾燥しないように、左右の断面は必ず合わせる
・できたままの状態なら長い間保存できる
・包丁を入れると空気に触れるため、保存する場所によって品質が変わる
・冬は湿気が多く暖房も効いているので、断面を合わせず置いておくとカビが生える可能性あり
・断面を合わせてラップで包めば尚良し。

保存する場所
・冷蔵庫での長い時間の保存は生地が固くなる
・ほかの食品の匂い移りや風味が落ちる
1015℃の冷暗所で暖房が伝わらないところで保存

<冷凍保存もOK!>
1. 7mm~1cmくらいに薄く切る
2. 1枚ずつラップで包む
3.ジップロックなどの密封容器に入れて冷凍庫で保存

・空気に触れさせないことが重要
・冷凍やけや風味が落ちる

上記13の手順通りにしていただき、保存しましょう。うっかりしてても、出来たままの姿で冷凍することがないように。食べる時はラップを外した状態でオーブンまたは電子レンジで温めてください。

20160929-5

いかがでしたか?紹介した保存方法だと2か月はそれほど味も落とさず美味しくいただけます。

日本では市販されているものだと本場ドイツのシュトーレンとは違うところもあり、日本人に合うように作られていることがあるので、保存できる日数が短いものもあります。

ドライフルーツや砂糖を減らしていたり、溶かしバターがなかったりしますので市販されているものを買う場合は、その店の保存方法や賞味期限を守りましょう!


スポンサーリンク