クリスマスリースの玄関への上手な取り付け方と飾り方!いつから飾るの?

20160930-7

クリスマスの飾りといえばクリスマスツリーやリースですよね。最近は玄関のドアにクリスマスリースを飾るご家庭も増えていますが、いつから飾るのかご存知でしょうか?クリスマスに友達など読んでパーティするご家庭もあると思いますが、家に来た時に一番最初に目につくのは玄関に飾られているリースです。

リースを飾るときは、どういう風に取り付けたらいいのか。綺麗に飾るのにはどうしたらいいのか。まとめましたので、参考にしていただけたらいいなと思います。

スポンサーリンク

クリスマスリースを玄関に飾るのはいつ?

クリスマスというのは、イエス・キリストの生誕を祝う日というのはご存知かと思います。キリスト教の西方教会というところにはクリスマスが来るまでに準備する正式な期間があります。

その準備期間は1130日に近い日曜日から始まることが決まっています。その一番近い日曜日にリースを飾るようです。

しかし、日本では12月に入ってから飾るご家庭も多いので、先走っている気がするのであれば12月に入ってからでもいいと思います。

ちなみにですが、リースの形が丸いのには意味があります。その意味とは、永遠の愛を象徴しているのです。

そして、飾りつけによく使われるヒイラギにも魔除けの意味があります。とげとげしい葉にその効果があるとされているので、玄関に飾るのです。

イエス・キリストが十字架に張り付けされたときにヒイラギを頭にかぶっていたとされ、それをいばらの冠、ヒイラギの赤い実はキリストから垂れた血、緑色の葉を永遠の命を表しているそうです。

20160930-6

クリスマスリース!玄関を傷つけない飾り方・玄関に合ったフックとは?

それでは玄関ドアにクリスマスリリースを取り付ける時の注意点やアイデアなどをご紹介したいと思います。

玄関ドアと言っても様々なタイプがありますので、下記の方法の中から自宅の玄関ドアにマッチした方法でお試しください。

リース用のドアハンガー
・接着不要で扉の上にフックを取り付けるタイプ
・シンプルなものからアイアン壁飾り風なデザインなど種類がある
・取り付けが簡単
・ドアノブで開け閉めするものに使用可能

※扉が厚すぎるとフックが取り付けられないのでサイズ確認してください

強力磁石
・扉の金属部分につけ、そこにリースを取り付ける
・直径20cmぐらいのドーナツ型になっているネオジウム磁石
・真ん中に穴が開いていて、針金を通してリースを括り付ける
・大きいリースを取り付ける時は何個か使用
・リースが磁石が隠れるので見た目がきれい

※針金を通し忘れてつけると取り外しが困難

20160930-1

てぐす・釣り糸
・両面テープがついているフックなどを用意して、上下逆さまで扉の内側に取り付ける
.フックにてぐすや釣り糸をかけて扉の上をまたいで外側に垂らす
・そのさきにクリスマスリースを付ける

クリスマスリースのきれいな飾り方!

クリスマスリースはただ取り付けるだけでなく、工夫ひとつで見栄えが良くなります。どうせ飾るならきれいに飾りたいですよね!ここでは少しでも見栄えが良くなるようなアイデアをご紹介します。

リボン
・リボンをドアに挟んでつるす方法
・リボンの長さを調節することによって飾りたい位置にリースを飾れる

1.ドアの内側に取り外しできるフックを上下逆さまで取り付ける
2.好みの長さに切ったリボンをリースに通し、ドアの上をまたいでフックに結ぶ

 20160930-5

ワイヤーハンガー
・引っ掛けるところがないリースにオススメの方法
・リースの良さが引き立つ

1.見えないようにリースの後ろ側で曲げる
2.リースの素材に合う釣り糸、細いワイヤー、グルーなどでリースに取り付ける
3.剥がせるフックをドアの外側の飾りたい位置に取り付けて、そこに先ほどのハンガーのついたリースを掛ける

20160930-4

長いリボン
・大きいリボンを使うことで存在感が増す
・リースにリボンを通してつるす方法

1.存在感が出るリボンを用意し、リボンをリースに通して好みの長さに切る
2.ドアの外側にフックを取り付けて、リボンがついたリースを掛ける

参考になりましたでしょうか?シーンに合った飾り方を色々試してみましょう!

ドアハンガーを使う際はドアの厚みも大事ですが、取り付けた後にドアが閉まるか確認してください。ものによっては閉まらないことがあります。

クリスマスリースを上手に取り付ければクリスマスを楽しくむかえる事ができそうですね!


スポンサーリンク