猫の室内飼い!夏の暑さ対策は?留守番の時の熱中症対策で室温は?

20160724-6

今年の夏も暑いですね。30度超えるところもありますよ。外に出ると炎天下ですし、室内がエアコンで冷えてるので、その温度差でより暑く感じて体調も優れないこともありますよね。道に出ると、日陰で猫がだらーんとしている・・・猫も夏バテするのでしょうか?野良の猫は、日陰で涼むしか暑さを凌ぐ術がないと思いますが、最近では室内で飼われといる猫も増えています。

その場合、どうするんでしょうか?人と猫では体温の調節機能が違うと思いますし、人と一緒でエアコンをガンガンつけた部屋で過ごさせて良いものなのか、初めて飼われる人は悩むことかもしれませんね。

今回は夏を乗り切るために、室内での暑さ対策や、留守にするときはどうすればいいのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

猫の過ごし方

まずは、暑い時の猫はどのように過ごすのか知っておきましょう。猫は人間みたいに汗はかかないんですよね。ただ肉球は汗をかくんですが、これは緊張状態でかく汗の為、暑さでかくわけではありません。それとその汗は、滑り止めの役割をしています。

なら、どのようにして暑さをしのいでるかというと、猫は快適に過ごせる場所を見つけるのが得意なんです。部屋の中でも温度が違うところを見つけて、気持ちいところでじっとしています。

もし、暑さをしのげていなかったらパンチング呼吸というものをします。猫はめったにしないのですが、「はっはっ」と呼吸します。犬が口を開けてやってたりしますね。

これを猫がしていたら、体温が危険なところまで上がっているということなので、急いで体温を下げてあげないといけません。なので、これは覚えておきましょう。

20160724-3

室内飼いの暑さ対策

猫の毛は断熱と保湿の役割があります。夏になると毛を減らして涼しくして、冬になると毛を増やして暖かくします。

ですが室内で飼っている猫の場合、日光を浴びる機会があまりないせいで、毛の生え変り時期がはっきりしません。なので毛の調整が上手くできないのです。

猫も人間と同じように熱中症や夏バテになってぐったりしたり、体の機能が低下して病気になったりします。その対策として、ブラッシングが必要です。

ブラッシングをすることによって、毛の調節を助けてあげて、体の機能を低下させないようにしたりなど、対策が必要です。その他に毛刈りや氷水のペットボトルも良いですよ。

毛刈りは夏の時期だけ毛を短くする「サマーカット」と呼ばれています。お腹辺りだけでもカットしてあげると気持ち良いらしく、お腹を床にして寝ると聞いたことがあります。そして氷水のペットボトルですが、23本ほど用意してください。

冷気が流れてくるので、涼しい場所を作ってあげることができますよ。しかし、本数が多いと冷えすぎるので注意しましょう!

20160724-5

飼い主が留守にするときは?

代表的な対策を5つ紹介します。飼い主が居る時でも使えるので参考にしてください。

1.エアコンをつける
エアコンをつけるのは基本的なことなのですが、人間が丁度いいと感じる温度が猫にとって良いとは言えません。目安としては28度ぐらい。それで猫が寒くて丸まったり、暑くて伸びをするので様子を確認しましょう。

それと、湿度も高くなるのでドライ運転をおススメします。ちなみに、28度くらいでエアコンを動かしていると電気代は安いんですよ。電気代がかかってしまうのは、サウナ状態の部屋を冷やすときです。それでも心配なら、運転予約をして一番暑くなる昼間だけ動かせばいいと思います。

エアコンの代わりに扇風機という考えもあると思いますが、猫にはあまり効果がなく、動いている羽で怪我をするかもしれませんので、使わない方が良いかも。

2.部屋を開放する
猫は快適な場所を見つけるのが得意なので、出来るだけ部屋を開放して、見つけやすいようにしてあげて下さい。

しかし、入ってほしくない部屋もあると思います。猫が好む場所は、お風呂場・フローリングの部屋に出来た影・玄関ですので、最低限そこだけ開放してあげて下さい。

お風呂場のお湯は抜いておいてくださいね。開放した部屋が誤って閉まってしまわないように、ドアストッパーやキャットドアを付けておきましょう。

3.遮光カーテンで日差しを遮る
部屋の温度が上がってしまう原因で最もなのは直射日光です。案外と日差しを遮るだけで温度が上がるのを抑えてくれますが、遮光カーテンだとなお効果的です。冷房の効率も上がるので、エアコンと一緒に使えば節電になりますよ!

4.クールマットなどの暑さ対策グッズを使用
クールマットっていうのは、ひんやりと冷たいクッションで、冷却ジェルや保冷剤が入ってるものです。まぁまぁの厚さで寝心地も良いですし、丸洗いできるものもあります。

猫の体を冷やしすぎることもないので、健康にも良いみたいです。大体の値段は15005000円です。他のもので大理石やアルミプレートのものもあるみたいです。

いくら良いといっても、猫が気に入るか分かりませんし警戒するかもしれません。そんな時は、またたびやおやつで誘ってみて、クールマットの上で過ごすようにしておいてくださいね。

5.いたるところに水を準備
猫も脱水症状になりますので、こまめに水分を取れるように普段よりは水を多めに準備しましょう。水がいたまないか心配なら、循環式給水器をおススメします。水をフィルターでろ過しては循環しているので、新鮮な水を常に飲めます。

20160724-2

猫の暑さ対策!おすすめのグッズ

上で出てきました大理石やアルミプレート、後はアイスベットがおススメグッズです。個別に紹介します。

・大理石ペットひんやり冷却マット
冷たさが持続するわけではないですが、ひんやりするけど冷えすぎません。それに、どうやら猫は気にいってくれることが多いようです。アルミシートよりはさらっとしていて、乗り心地が良さそうですよ。大理石って値段が高いと思っていると思いますが、この大理石シートは5000円ぐらいです。

 

・ひんやりアルミプレート
夏の対策グッズとして定番のものです。アルミの感じが冷たそうに見えるかもしれませんが、実際はあんまりだそうです。猫の為に買った人が、猫が気に入ってくれなかったらしく・・・どちらかというと、犬が好きな素材だそうです。

 

・ひんやりアイスベッド
接触冷感生地で出来ているので、触るとひんやりしています。下に保冷剤が入っているので冷たい場所を猫に使ってもらえます。

 

シート・マット類は好き嫌いあります。それに極度の温度差があったら、嫌がるみたいです。新品すぎるのも驚いてしまうので、何回か触れさせてみましょう。で、涼しい場所だと学習してもらうのです。

それをやっても使ってくれないのなら、猫のお気に入りの場所に設置したりすると使ってくれたりします。

これで猫の暑さ対策は万全に出来ると思います。しかし、飼い猫も大事ですが、自分への暑さ対策を怠らないようにしましょう!


スポンサーリンク