自転車雨具のおすすめは?通勤・通学や子供乗せに人気の商品は?

20160717-2

学生の頃は駅まで自転車で行ってましたが、傘さしてもずぶ濡れでした。それに片手運転になるから不安定で、通行する人や車に対して気を遣います。しかし、自転車での傘持ちは禁止になりましたよね。では、濡れないようにするにはどういうものを選べば良いのでしょうか? 

通勤や通学におすすめの雨具を紹介します。また、小さな子供を自転車に載せる時におすすめの雨具も合わせて紹介します。

スポンサーリンク

通勤・通学にはどんな雨具なら良いのか

傘を持ちながらの運転は危険です。端から見ても危なっかしいですよね。傘で視界が塞がれ、通行人とぶつかりそうになったり。車乗ってると分かると思いますが、傘持って車道を走ってる自転車見てたら、不安定で怖いんですよね。

今は規制されていとはいえ、傘をさしながらの自転車は頻繁に見かけます。それなら、どういう雨具が良いのでしょうか。

ポンチョやレインコートなど1枚ものか、レインウェアの上下2つに分かれている雨具となります。ポンチョタイプは簡単に着れるので人気なのですが、自転車を漕ぐたびに下半身が濡れます。

それに風などでなびくので漕ぎにくいし、長いものだと稼働部分に引っかかって転倒の恐れも。だったら、一番安全なのは上下別々であるレインウェアだと思います。

人気なのは、バイク専門店で売ってるバイクを乗る人用のものや、アウトドアや登山用品店の素材の強度があるレインウェアです。

値段がちょっとしますが、全国的にある作業着専門店などにもあるので、そちらの方がリーズナブルで良いかも。

20160717-4

雨の日って、自転車の油がはねて雨具が汚れちゃうんですよね。なので、あまり高価なものはおススメ出来ません。高くても上下合わせて1万円ぐらいでいいと思います。100均でも売ってることがありますが、安いものは使い捨て程度に。耐久性も無く、汗対策もしていないので臨時的なものと考えると良いと思います。

次は汗対策です。自転車は、かなりの運動になりますから汗もかきます。雨の日は湿度が高いので尚更ですよね。

レインウェアで雨を防げても、中は汗で濡れてしまっては結局雨に濡れてるのと変わりません。重要なのは、レインウェアの中が蒸れにくくなっているかどうかです。

雨が入らない構造で背中などが一部開いているものや、少し高いですがゴアテックス・ベルテックという汗が抜ける防水透湿性素材が良いです。

それほど高くない作業用のレインウェアも透湿性素材のものがあるし、耐久性もありますので案外、作業着専門店は穴場かも。

それとレインウェアのズボンの裾は絞れるものが良いと思います。絞るタイプでない場合は、バンドで締めるなどしてチェーンに巻き込まれないように注意しましょう。

20160717-5

子供の送り迎えに使える雨具

普段、保育園・幼稚園の送り迎えを自転車でしている方は、雨の日は大変ですよね。朝の時間がない時に雨具とか着せないといけないし、色々大変かと思います。

それに子供にレインコートや長靴をはかせていても、正面からの雨なんかは濡れたりします。そこで一番人気で便利なのがレインカバーです。

子供を覆う形なので濡れることがないです。値段は4000円~1万円と高めなんですが、雨の日でも子供が濡れずに安心して送り迎えが出来ます。ちゃんと前用と後ろ用があって、デザインやカラーなど色々あります。

あと、親子そろってレインコートの方法もあります。ですが、レインコートによっては中まで雨が入ってきてしまうこともありますので、お子さんには自転車用を使ったほうが良いと思います。雨除けに風防を使うのも良いみたいです。

20160717-3

他には自転車に乗った時に使うベビーシート用のレインコートもあります。もちろんしっかり雨対策するならば、長靴や雨用の帽子、ズボンなど着せるのがおススメです。

雨の日、自転車での子供の送迎は本当に大変だと思います。少しの雨なら何とか大丈夫ですが、大雨となるとレインコートと長靴だけでは濡れてしまいますよね。

とは言え、最近は以前よりもレインカバーやレインコートなども充実してきていますし、おしゃれなものも増えてきました。

着脱が面倒なのは変りませんがね()! しかし、それで傘をさすのは危険です。路面が濡れていますし、ただでさえ不安定なので転倒してしまうこともあります。お子さんともども、怪我をしないようレイングッズを使用して安全運転を心がけたいですね!


スポンサーリンク