お月見の由来や風習は?団子の飾り方やすすきの意味について!

20160707-1

秋を感じる行事やイベントはたくさんありますが、その中でもお月見は秋を感じさせる代表的な風物詩の一つだと思います。でもお月見の日にイベントらしい事をした事がないんですよね・・・。『あ、今日はお月見か!』と思うぐらいです。恐らく私みたいな人は絶対大勢いるはず!! 

というわけで今回はお月見について紹介します。

スポンサーリンク

お月見とは?十五夜、十三夜、中秋の名月とは?

9月といえば十五夜のお月見ですよね!月見団子を供え、月を眺めて食べるという風習です。旧暦での815に月を鑑賞する行事でもあります。

この日の月は中秋の名月十五夜芋名月と呼ばれています。他に旧暦913にする風習もあり十三夜後の月栗名月豆名月と呼ばれています。

どちらかのお月見だけするのは片見月と言われていて、災いが来るとされていました。ちなみに、お月見の日は必ず満月というわけではないのです。

満月じゃない方が多いらしいですよ。それと、旧暦は月の満ち欠けで決まるので、毎年同じ日にお月見があるわけじゃありません。

2016年の旧暦815日は915日、満月は917日    
旧暦913日は1013日、満月は1016日になります。

お月見は団子や餅、すすき、後サトイモなんかも供えて、月を眺めます。しかし、お月見のルーツや何故するのかは曖昧なんですよね。

20160707-3

もっとも有力だと言われている説だと中国の月見の日はサトイモの収穫祭が行われ、その後、中国の宮廷行事としても行われた。それが日本に伝わった、とされています。

つまり、秋の収穫を感謝するため と、いうことですね!

お月見の由来

お月見の由来を簡単に言いますと

  • 月に感謝する
  • 農作物の豊作の祈願や収穫の感謝をすること
  • 月を眺めて、愛でる習慣

これらが合わさって出来たものとされています。それでは、詳しく説明します。

・月に感謝する

電気がない時代。農作物を収穫するときに、夜遅くまでかかることがあったそうです。その時、月明かりが農作業での大きな助けとなっていました。それで、月に感謝したとされています。

・農作物に豊作の祈願や収穫の感謝をすること

秋は色んな農作物を収穫する時期。お米もその1つなのですが、お米が出来か不出来か・・昔の日本人には、とても重要なことでした。今も大事なことだと思いますが()

20160707-5

地域によれば、田植えが終わった後にお祝いとして、ごちそうを食べるといった風習もあるそうです。そのため、『お米などの農作物の豊作を祈願して無事に収穫が終わったものに感謝する』、その儀式がお月見の風習に結びついているのではないかと考えられています。

・月を眺めて、愛でる習慣

古くから日本人は、月を眺めて楽しむ習慣というものがあったそうです。和歌などで「月」に関して詠まれることから分かると思います。

秋の月は、一年で一番美しいと言われいて、それがお月見と繋がっているのではないかと言われています。

お月見の団子やすすきについて

お月見って、お団子とすすきと萩が定着してますよね!でも何故なのか疑問に思ったことがなかったです。そこでなぜ飾るのか調べてみました!

・団子

月を信仰の対象としまして、豊作の祈願や収穫の感謝をするので、お米で月に似せた団子をお供えするようになったそうです。

他には、秋にサトイモも収穫されるので、このサトイモをお供えに使う風習もあるみたいです。最近は団子だけの場合が多いですが、地域によって、サトイモを団子に似せた形で使うところもあるようです。

由来は分かったけど、いくつ供えるのか・・・、これには諸説が2つあります。

一つ目 満月の数=12

その年の満月の数を供えるとされています。注意するべき点は、平年12個なのですが、うるう年は13個です。

二つ目 十五夜=15

なので、十三夜は13個です。

・すすきと萩

すすきは、稲穂に似ているので、お米の豊作を祈願して飾ります。すすきではなく、稲穂を飾る地域もあるようです。萩は、神様の箸という意味があるそうですが・・・どうなんでしょう?

すすきや萩は、邪気を払うともされているので、団子と共に飾るものとして使うようになったそうです。

20160707-4

全体的に明白なところがないですね。これというものがないから、色々な諸説があって、逆に面白いですね!

月見のことを知るまえと知ったあとでは、月見のみかたも変わってくると思います。やはり、知るということは大事ですね!


スポンサーリンク