老人の日と敬老の日の違いは?それぞれの由来や意味とは?

20160703-3

9月の第3月曜日が敬老の日というのは誰もが知っている事だと思いますが、9月にはそれ以外にも老人の日という日があります。敬老の日と老人の日!この2つは日にちも近いのでなんだかごっちゃになってしまいそうですね!でも老人の日は敬老の日ほど知られていないのも事実のようです。

『敬老の日と老人の日!』、一体何が違うのでしょうか?非常に気になりますね!という事で、今回は敬老の日老人の日の違いなどをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

敬老の日と老人の日

まず、敬老の日老人の日を説明をします。

敬老の日1966年に、長年社会に尽くしてきた老人の敬愛・長寿を祝うものとして国民の祝日の一つに定められました。915日でしたが、2003年から9月の第3月曜日に変更されました。

もともと敬老の日は1947年に兵庫県のある村で「としよりの日」として始まったそうです。

その村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という事で915日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くなどしていましたが、やがてそれは兵庫県全体に広がりました。

その後、1963年に制定された老人福祉法では915日を老人の日と制定されましたが、上で述べたように1966年には国民の祝日「敬老の日」となったのです。

兵庫県で始まった「としよりの日」がその約20年後に「敬老の日」となり、国民の祝日になったのですね。

老人の日は昔の敬老の日になる915日。老人福祉の関心を深めて、老人たちが自分で元気に暮らせるよう努力することが目的とする日。

昔、老人の日は敬老の日と一緒だったんですね。しかし、ハッピーマンデー制度により敬老の日は9月の第3月曜日に変わったのです。

ハッピーマンデー制度・・・祝日と週休2日制をつなげて、3連休以上の期間を増やすために、国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動する制度。

これに敬老の日の提唱者と各地の高齢者団体の訴え、反対する人たちが多かったので旧敬老の日であった915老人の日になりました。

それに加えて、老人の日から一週間を老人週間と決めました。これにより、9月に老人関係の日が多くなったのです。

しかし・・・老人週間?また聞いたことのない言葉が出てきました。老人週間についても説明します。

老人週間とは915日~921日の7日間、高齢者の福祉に関心と理解を深めて、生活の向上への意欲を高めようと啓発活動を行う週間。

この老人週間には、内閣府が掲げた目標があります。

  • すべての高齢者が安心し、自立した生活が出来るように保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げる。
  • 高齢者の知識や経験、能力を生かした就労・社会参加・ボランティア活動を進める。
  • 高齢者の介護予防、生きがい・健康づくりへの取り組みを進める。
  • 高齢者の人権を尊重して、認知症と介護問題を考え、高齢者・介護者を支える取り組みを積極的に進める。
  • 高齢社会の家族や地域社会などの役割を理解して、お互い協力し合って活力がある長寿社会をつくる。

こういう取り組みが、今の私たちに出来ることではないでしょうか。920日は全国一斉に社会奉仕の日とされています。

きれいな地球を子供たちへをスローガンに、美化活動や環境活動に取り組んで「花のあるまち、ゴミのないまち」を目指して活動しています!

もし、ボランティア活動をしている高齢者の方に会ったら・・・本来自分も出来るはずなのに、率先して活動している高齢者の方にお礼を言いましょう!

20160703-2

まとめ

全てのきっかけは1947年に兵庫県の小さな村で始まった「としよりの日」だったのですね。

それがやがて兵庫県全体に広がり、ついには全国へと広がり今の形となりました。

このように9月には、敬老の日・老人の日・老人週間がありますが、それぞれ由来や意味を知った事で自分でもちょっと意識してみようと思います。


スポンサーリンク