軟水と硬水はどう違う?味やそれぞれの用途は?種類はたくさんあるの?

20160716-6

最近ではスーパーなどでは飲料水が専用ボトルで無料提供されていますが、ふと目をやると有料で軟水や硬水が販売されています。軟水と硬水、一体何が違うのでしょうか?味も成分も違うので、使う用途が異なっていると思いますが、それぞれどんな用途に合うのでしょうか?種類もたくさんありそうですね!

そこで今回は軟水と硬水について、それぞれの水や味・用途の違い、種類など説明したいと思います。

スポンサーリンク

軟水と硬水の違い

私たちが普段飲んでる水の殆どは軟水です。しかし、軟水と硬水は用途によって使い分けることが出来ます。

軟水と硬水の違いは、マグネシウムとカルシウムの量によって決まります。マグネシウムとカルシウムが多いのが硬水、少ないのが軟水となります。

数値化にするにはマグネシウムとカルシウム(=ミネラル)の量を測るのですが、数値が100以下を軟水。300以上を硬水とし、100300までを中硬水とします。

日本の約80%が軟水なのですが、一部の地域は硬水のところもあります。沸騰させることにより、マグネシウムとカルシウムの量が変わって硬水を軟水に変えることが出来ます。

軟水は体への吸収が良いため、体が弱い人やお年寄り、赤ちゃん、子供へ負担をかけずに飲むことが出来ます。

硬水は体への吸収が良いとは言えませんが、ダイエットしたい人は硬水を飲むことおススメします。

ダイエットをしている方が愛飲しているもので、支持が最も高いものにコントレックスというミネラルウォーターがあるのですが、これは硬度1500以上の硬水なのです。

20160716-2

軟水と硬水の使い分け
運動後や夏の暑い日など直ぐに水分補給しますよね。なので、水分を補給するのに適しているのは軟水。普段の生活で水を使う料理やコーヒー、紅茶、緑茶、出汁を取る際は軟水が良いです。

気を付けていただきたいのは、いきなり硬水をたくさん飲むことです。慣れもしない硬水を一度に多く飲んでしまうと、胃腸が悪くなったり、お腹を壊したりします。

なので、徐々に体が慣れるように少しずつ飲むことをおススメします。ダイエット目的で飲むならウォーターサーバーを使ってみてはいかがでしょうか?

冷水も温水もすぐ出来ますし、家庭に一台あるほど、最近普及しています。無料でお試しができるので、試しに一度使ってみるのも良いかもしれません。

味の違い
日本では殆ど軟水ですがその反面、ヨーロッパは硬水が多いです。普段飲んでいる軟水は、結構まろやかでクセがなく、すっと入る感じだと思いますが、硬水の場合は飲みなれてない分、まずいし重いし飲み込みずらい。という意見が多いです。

どちらが体に良いのかといいますと、硬水の方がミネラルが多いので硬水の方が良いように思われがちですが、胃腸が弱い人や赤ちゃんには適していません。下痢になったりします。それと米やお茶なんかも軟水を使った方が美味しいです。

20160716-1

軟水・硬水以外の水の種類

水の種類は軟水・硬水だけと思いきや、結構ありますよ。どういった水なのか紹介します。

ナチュラルウォーター
地下水の中でも、特定の場所から取った地下水(温泉水・鉱泉水・湧水・井戸水など)

これをろ過→沈殿→加熱殺菌といった処理以外は一切していない水のこと。成分は重要視されていません。

ナチュラルミネラルウォーター
特定の場所から取られた地下水(ミネラルウォーター)の中でも、地層のミネラルが溶け込んだ水をろ過→沈殿→加熱処理などが行われたもの。他、地層内の二酸化炭素により炭酸水になるものがあります。

ミネラルウォーター
地下水(温泉水・鉱泉水・湧水・井戸水など)を原水とし、ろ過→沈殿→加熱→オゾン・紫外線処理をしたもの。

20160716-5

ミネラルを一定に保つため、更にミネラルを増やすために、数種類のナチュラルミネラルウォーターを混ぜたり、人の手でミネラルを調節したりします。

ボトルドウォーター
上で紹介した3つのどれにも当てはまらない水です。水道法の基準により認められた水ですが、処理法に決まりがありません。

純水(ピュアウォーター)
名前通りに純度が高い水なので純水です。処理により、不純物(ミネラル・ダイオキシン・ホルムアルデヒド・農薬類・鉛・水銀など)が取り除かれているので安心安全なものです。赤ちゃんやお年寄り、体が弱い人にはおススメです。

20160716-7

今回は軟水と硬水の違いをメインに紹介しました。

用途によって使うことができるのですが、硬水の場合はパスタを茹でるときなんかに使うのが良いです。硬水はミネラルが多いのでアルデンテに出来上がります。お肉を柔らかくする効果もあるので、煮込みなんかに使うのもありですよ!

水の種類ってこんなにあるんですね。聞いたことないものもありました。違いや用途の違いを色々紹介しましたが、日本人はやはり飲みなれている軟水が一番のようですね!


スポンサーリンク