ハロウィンの日本での始まりはいつから?なぜこんなに普及したの?

20160802-7

ハロウィンの始まりは2000年以上前のヨーロッパにいたゲルト人による儀式の一つという説があるのですが、いつの間にか日本ではハロウィンの日に仮装する、ということが浸透してますよね。一体、いつ日本に伝わったのか、何故こんなに普及しているのか。

皆さんご存知でしょうか?今回は日本でのハロウィンの始まりと普及した経緯について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハロウィンが日本で始まったのはいつ?

古代のケルト人を起源としているハロウィンなのですが、1970年頃に原宿にあるキティランドがハロウィンの関連グッズの販売を始め、1983年の10月に同じキティランドの原宿店が販売を促すために、日本で初めてのハロウィンパレードが開かれて、日本でのハロウィンイベントの先駆けとなりました。

宗教的な要素は薄くて、商業的な要素が強いイベントとして始まっています。

20160802-3

ハロウィンはどのように日本に普及したの?

日本のハロウィンは仮装を楽しむイベントですが、普及したのは何故なのでしょうか?

一番ハロウィンを盛り上げたのはディズニーです。本格的な秋のイベントとしてディズニー・ハッピーハロウィーンを開いたり、園内のパレードでハロウィン・パレードを盛り込んだりと、一気にハロウィンイベントの認知度を上げました。

世界で有名なディズニーなどがハロウィンのイベントを開催するようになって、ハロウィンの認知度を高め始めましたが、決定づけたのは仮装です。

「カワサキ・ハロウィン・パレード」や「原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード」などが関東地区で盛り上がったのをきっかけに、ハロウィンの日は仮装してイベント参加する楽しみ方を広めていったのです。

これに拍車をかけた要因として、一つはSNSです。

SNSが広まり、個人が簡単に情報を発信できて、たくさんの人が情報を共有できます。その情報もどんどん拡散されて、リアルタイムでハロウィンイベントを楽しむ様子やイベントに参加している人達が仮装している姿など見ることができるようになっています。

その影響でハロウィンイベントへの興味や理解が高くなっています。

あともう一つはマンガ文化やコスプレ文化です。

日本のマンガ文化は、世界でも大いに影響があり注目されていますし、海外でもコスプレ大会が開かれるほど人気です。

20160802-1

海外では「マンガは子供が読むもの」という概念が強くて、大人になってもマンガを読む日本人は特異にみえていましたが、日本のマンガ文化が伝わり、ジャンルを問わない総合的な文化力は日本独自の進化を遂げて、今世界を魅了するほどまでになっています。

昔はコスプレと聞くと嫌な反応する人も多かったですが、マンガ文化の確立と一緒にオタク文化も一般的になりました。

それとともにコスプレも一般的になってきました。それで、気軽に仮装が出来る場としてハロウィンイベントが受け入れられました。

大人も子供も楽しくキャラになりきって、仮装やコスプレで参加できるのでハロウィンを楽しむというよりは、仮装やコスプレを楽しむ人も増えてきているため、ハロウィンイベント参加の人気が高まっているのです。

20160802-4

海外と日本のハロウィンの違いとは?

日本のハロウィンは娯楽要素が強いです。それは、季節のイベントとして受け入れられているからなのです。

仮装にしても日本に伝わる妖怪・おばけは、海外から伝わったハロウィンには向かないので、アニメ・マンガ・映画のキャラなど、ハロウィンの意味を知った上でなく、各々の仮装を楽しむ傾向が強いです。

一方海外では、アメリカが本場のイメージがありますが、実は違います。アメリカのハロウィンは大衆文化としての部分が反映されたものです。

アメリカを筆頭にイギリス・カナダ・アイルランド・プエルトリコ・ニュージーランド・オーストラリアの一部などにヨーロッパや移民のヨーロッパ系の人が移り住んでいます。

ハロウィンの起源であるケルト人の風習は残っていて、10月最後の月曜日が祝日となり、ハロウィンを祝う習慣が純粋に残っているのです。

この祝日に続く週は、「ハロウィン休み」というものがあって、学校では学期の半ばですが休みになります。

20160802-5

しかし、上で挙げた国でも「カトリック」や「プロテスタント」などのキリスト教を信仰している宗派の場合は、111日の「諸聖人の日」が重要なので、ハロウィンがケルト人の祭りという理由でハロウィンを禁止したり、行わないところもあるのです。

日本のハロウィンの先駆けがまさかキティちゃんとは意外です。今では日本でもニュースで取り上げられるほど日本のハロウィンも盛り上がっていますよね。

この波に乗っかり、興味があるならイベントに参加しちゃいましょう!


スポンサーリンク