ボジョレーヌーボーの日本での解禁日とその理由は?解禁日前の販売は罰則あり?

20160810-1

11月の第3木曜日は、ワインのボジョレーヌーボーが解禁して、直ぐ売り切れになったりしますよね。しかし、なぜ毎年11月の第3木曜日が解禁日か知っているでしょうか?売り切れになるのなら、それほど欲しい人が一気に買いに来てるということだと思うのですが。

前倒しで販売して量産するとか聞いたことありませんよね。何か罰則などあるのでしょうか?今回は、そういった疑問についてまとめました。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーというワインについて

毎年11月になるとニュースで取り上げられる『ボジョレーヌーボー』。このボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方にあるボジョレーという地区で作られている新酒の赤ワインなのです。

『ヌーボー』は『酒』という意味で、『ボジョレー地区でとれた新しい新酒』という意味でボジョレーヌーボーです。

その年で収穫したブドウが良質なのか確認する意味もあり、毎年作られています。軽快かつ渋みもなく、口当たりが優しいので、初めてワインを飲む人でも飲みやすくて好評ですし、世界中のワイン好きが待ちわびている一品です。

しかも、このボジョレーヌーボー・・・日本での輸入量が世界で1位なんです!全生産量の約4割を占めているそうです。解禁日が日本で騒がれているのも納得しますね。

高価なイメージで、庶民的なものではないイメージのワインですが、ボジョレーヌーボーは案外お手頃な価格で買うことができるので、日本人ならではの気質に合っているかもしれません。

20160810-5

なぜ解禁日が決まっているのか

ボジョレーヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日、これは決められたものです。誰が決めたのかというと、それはフランス政府です。

ワインに関して細かく規制が決められています。一つ例にあげるなら、産地ごとに使われるブドウの品種・製法が決まってたりします。

始まりは1951年、それまではワインの出荷は1215日まで禁止でした。しかし、これに対してボジョレー協会が、新酒のボジョレーのワインを新鮮なうちに早く販売したいとフランス政府に申し出ました。

これを受けたフランス政府は申し出を認め、この年1951年の1113日に販売することを許可したのです。が、あまりにも好評で売れるので、各メーカーが争い始めました。

結果、まだワインが成熟する前に出荷されるようになってしまったので、見かねたフランス政府が解禁日を指定したのです。

作りこまれたボジョレーヌーボーを楽しめるのは、フランス政府が解禁日を指定したおかげということですね。

ちなみにですが、ボジョレーヌーボーの賞味期限をご存知でしょうか?23ヶ月だそうですので、クリスマスのプレゼンや成人式のお祝いなんかには丁度いい時期ですので、いかがでしょうか?

 20160810-2

解禁日前の販売には罰則があるのか

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日と決まっています。つまり、解禁日より前に販売してはいけないのです。しかし、これのルールを破った場合、罰則があるみたいです。

解禁日は細かくいうと、毎年11月の第3木曜日で午前0時と定められています。これは、フランスのワイン法の規約により決められています。

ワイン販売する業者が解禁日を破って販売してしまったら、ボジョレーワイン協会から販売停止の処分が下ることがあるようです。

しかし、買った人が解禁日より先にボジョレーヌーボーを飲んだとしても、罰せられることはないです。解禁日のルールは販売業者のみなので、買った人へのペナルティみたいなものはありません。

20160810-3

ちなみに日本ではどうなのかというと、フランスの法律は日本では適応されないので、解禁日よりも前に販売しても罰則はないらしいです。

しかし、輸入業者と輸入元の間で「解禁日より前に販売しない」という誓約が交わされることもあるそうです。なので、ワイン法には違反してなくても、誓約違反になってしまいます。

いずれにしてもボジョレーヌーボーの解禁はイベントの一つですので、その意義を守るために販売業者も解禁日は守っているのです。

20160810-4

いつから日本で人気になったのか

日本では、バブル期であった1980年代に大ブームが起こりますが、バブル崩壊により大ブームは沈静化しました。その後に、1998年に赤ワインブームが起こり、そのとき再びボジョレーヌーボーが人気となりました。ということです。

日本ではフランスのワイン法が適応されませんが、基本的に解禁日は守られています。しかし、地方にある個人の商店なんかでは、解禁日を無視して先に販売しているところもありますけど()

それで解禁前にボジョレーヌーボーを買ってしまっても罰せられませんので、安心していただいてくださいね!


スポンサーリンク