クリスマスといえば欧米では七面鳥(ターキー)!七面鳥を食べる理由は?

20160927-4

日本のクリスマスでは、テーブルに出てくるのはチキン。私はチキンというより唐揚げで良いんですけどね。チキンには変わりありません、“とり”ですし()!でもって、欧米では七面鳥(ターキー)ですよね。あの七面鳥をどう食べるのか分からないのですが、皆さんご存知でしょうか?同じように思っている方がいれば幸いです。

アメリカでは、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)以外にもチキンを販売しているお店が数多くありますが、日本のように「クリスマスといえばチキン」という風習はありません。

なら、なぜ七面鳥(ターキー)なのか疑問に思います。なので今回は、欧米で七面鳥が食べられる理由や一体どんな味がするのか、日本では七面鳥ではなくなぜチキンが主流になったのか?等についてご紹介します。

スポンサーリンク

欧米のクリスマスになぜ七面鳥を食すのか?

理由として宗教的なものと思われている人が多いようですが、それは大きな間違いです。そもそも七面鳥というのは感謝の気持ちを形にしたものであり、アメリカという国が建てられた時代での苦労をしのんで感謝をする、といったアメリカならではの風習があるのです。

17世紀に移住民たちがヨーロッパからアメリカへと行きました。その時に食料がなかった移住民たちは七面鳥を捕獲し食べました。飢えをしのぐためには仕方のないことです。

その後もインディアン(ネイティブアメリカン)たちから七面鳥をいただき、移住民たちは食料に困ることなく、飢え死にせず生き延びれました。

冬を無事に乗り越えた移住民たちは、助けてくれたインディアンたちに、収穫した食べ物や生き延びれたキッカケである七面鳥をお礼として渡したそうです。

それで現在でも、アメリカでは七面鳥というのは『縁起物』とされ、パーティや結婚式などのお祝い事には、なくてはならないものとなっています。

御馳走として七面鳥を食べる習慣はアメリカだけではなく、ヨーロッパを通じて世界各地に広まっています。

20160927-1

七面鳥はどんな味なのか?

見た目では鶏肉よりも断然大きいし、脂が多くて重そう・・・というイメージですが、意外に脂が少なく、どちらかというと鶏肉の方が脂が多いです。

脂が少ないのでサッパリしていて食べやすく、ヘルシーなので違う料理にも合わせやすいです。クリスマスに思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか?

なぜ日本では七面鳥ではなくチキンが主流になったのか?

始まりは1549年の戦国時代。あの有名なフランシスコ・ザビエルが日本に来た年です。その時にクリスマスを最初に祝ったそうですが、この時代には確か「焼く・炒める・揚げる」料理がまだ無いので、当然チキン料理は出てきません。

明治時代になってから欧米文化が入ってきてました。そのころからクリスマスパーティーをしたりイベントをするようになったそうです。

その後も大正・昭和と時代は流れていきますが、戦後には欧米でのクリスマスに欠かせないクリスマスツリーをはじめ、その他諸々の欧米文化が日本にも浸透していきました。

20160927-3

しかし、クリスマスにパーティやイベントは現在の日本でもありますが、クリスマスに七面鳥というのは、あまり浸透していませんでした。

1970年代まではあったようなのですが、当時は七面鳥を買うのは困難だったようなので、代用として鶏肉を焼くことが多かったようです。

今でもスーパーとかで鶏の足にアルミホイルを巻いてボックスなんかで売ってますよね。そして、1970年代に入ったころからKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が流行しました。

『クリスマスはKFC』という宣伝により広まって、現在でもクリスマスの日にケンタッキーを買う人がたくさんいます。なので『クリスマスにはチキン』というのは、日本の文化なのです。

20160927-2

いかがでしたでしょうか?

アメリカではアメリカならではの文化があって、日本もキッカケは外国人ですが、結果的には日本発の文化となりました。

アメリカは縁起物として七面鳥(ターキー)を食べ、日本は鶏肉をローストしたものからチキンへと、主流が変わりました。

今は昔に比べて簡単に七面鳥が手に入りますので、今年のクリスマスは七面鳥(ターキー)をメインにしてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク