ハロウィンではなぜカボチャを使う?その理由や由来について!

20160809-6

ハロウィンといえばカボチャが定番ですよね。カボチャのお化けである『ジャック・オー・ランタン』がありますが、何故カボチャが使われているのかご存知でしょうか?別にカボチャじゃなくても、と思いませんか?実は最初は違う野菜で作られていたのです!

なので、何故カボチャが使われるようになったその理由や由来について詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

何故ハロウィンではカボチャのお化けが定番なのか?

ハロウィンの起源である儀式を行っていた古代ケルト人は、アイルランドに住んでいました。今はカボチャのお化けである『ジャック・オー・ランタン』ですが、当初はカボチャではなくカブで作られていました。

何故、カブがカボチャに変わったのかというと、アイルランドで主食だったジャガイモが凶作つづきで飢饉になり、国を離れてアメリカに移りました。

そして、習慣であるハロウィンをアメリカに広めようとしたのです。しかし、アメリカにハロウィンが伝わった1840年頃は、ほとんどカブが栽培されていなかったので、肝心のカブがなくて『ジャック・オー・ランタン』が作れない!となりました。

そこで、代用品としてカボチャが使われました。大量にあったカボチャをお化けの形の提灯にしてみたら、カブよりカボチャの方が細工しやすく、大きくて鮮やか、見栄えも良いことに気づいたのです。

そしていつの間にか、カブの代用品として作られたカボチャのお化けが定番となって、ハロウィンには欠かせないものになったのです。

20160809-4

カボチャのお化けの由来

ハロウィンには、カボチャをくり抜いてお化けを作りますが何故カボチャのお化けなのか。

昔、ジャックという男の子がいました。このジャックはいたずら好きなのですが、ある日死んでしまいます。

その際、天国・地獄どちらの世界でもいたずらをしていたので、地上に戻されてしまったのです。そして、カボチャで作ったランタンで、さまよい続けている。これが由来です。

もう一つの由来もジャックが出てくるのですが、男の子ではなく男性です。

アイルランドにジャックという男が住んでいました。このジャックは、結構な酒飲みで乱暴者でした。あるハロウィンの日に、ジャックの元に悪魔が来ます。

この悪魔はジャックの魂を奪おうとしましたが、ジャックは当然、奪われたくありません。なので、魂が奪われる前に酒を飲ませて欲しいと悪魔にお願いしたのです。

その願いを受け入れた悪魔は、酒を買うためのコインに変身しましたが、まんまとジャックに捕らえられて、財布の中に閉じ込められます。

ジャックは財布から出す代わりに、これから10年は魂を奪わないことを悪魔に約束させました。そして、時は流れて10年後、再び悪魔が来ました。

しかし、またしてもジャックは、魂を奪われる前にリンゴが食べたいと悪魔にお願いし、悪魔もそれを受け入れて、リンゴの木に登ったのです。ジャックは、悪魔が登ったところでリンゴの木に十字架を書いて、悪魔が降りられないようにしました。

そして、ジャックは自分の魂を奪わないことを悪魔に約束させました。やがて、ジャックは寿命を迎えます。

20160809-2

しかし、生前の行いが悪いので天国に行けず、地獄に行ったのですが、地獄にはジャックの魂を奪わないと約束した悪魔がいたのです。

約束を盾にした悪魔は、地獄にジャックが来ることを拒否し、来た道へ帰るよう言いました。暗い道を戻らないといけないジャックは悪魔に、道を照らす明かりを下さいと悪魔にお願いします。

悪魔は願いを叶えて、ジャックに地獄の火の塊を渡しました。ジャックはカブの中にその火を入れて、道を照らすランタンを作りました。

天国・地獄にも行くことのできないジャックは、この道を照らしてくれるランタンを手に、この世とあの世をそまよっているのです。

大体の話は一緒ですが、ところどころ違いますね。最初に紹介した話は、お子さんに説明するときに分かりやすいかもしれませんね。

ちなみに、今の『ジャック・オー・ランタン』は『カボチャで作ったランタン』という意味ですが、本来の意味は『ランタン持ちのジャック()』なんです。

20160809-8

なぜカボチャを怖い顔に仕立てるのか

あの世とこの世を彷徨っているジャックが持っているランタンは、「魔除けの火」としていつしか伝わって、ハロウィンの日に飾られるようになりました。

オレンジ色のカボチャをくり抜き、目・口・鼻を作って、中にロウソクをいれて灯す『ジャック・オー・ランタン』を家の戸口に飾る風習があるのです。これには魔よけの意味があり、ハロウィンのカボチャの顔が怖い理由です。

いかがでしたか?カボチャの怖い顔にもちゃんと理由があったんですね。『ジャック・オー・ランタン』の悪魔は良い悪魔だったんでしょうか?話を読むと、何回も騙されてお人好しなのかなと思いました。

日本では、海外みたいに大きいカボチャはあまり飾らないと思いますが、手のひらサイズの『おもちゃかぼちゃ』が日本でよく使われといるそうですので、ハロウィンの日は是非作ってみて下さい!


スポンサーリンク