マラソンの先導はなぜ白バイなの?排気ガスで選手は苦しくないの?

20160910-1

皆さんはマラソンや駅伝をテレビや実際に見たことがありますか?先頭を走る選手の前には白バイが走っていますよね。あの白バイの役割は『先導』なのですが、何故パトカーではなく白バイなのか考えたことはあるでしょうか?もちろん、それなりの理由があるのです。

それと、白バイの後ろを走る選手は排気ガスを浴びる形となっていますが、大丈夫なのでしょうか。今回は、なぜ白バイが先導するのかなどについてまとめました。

スポンサーリンク

マラソンではなぜ白バイが先導するのか?

駅伝やマラソンが開催されるときは道路を封鎖していますよね。その時、占有を得るために赤色灯を点灯できる警察車両の先導や尻持ちが必要です。なので、先導・最後尾は白バイかパトカーでないといけません。

もう一つの理由は、数年前にマラソン妨害というのがありました。一般の人がバイクなどで大会を妨害する可能性があるので、そういう妨害をなくすために白バイが必要なのです。

20160910-2

マラソンの先導!車より白バイの理由について!

何故パトカーよりも白バイが使われるのか。パトカーならハイブリッドカーがありますが、白バイはありません。もし、白バイを電動バイクなどにした場合、バッテリーの都合で赤色灯を付けることができないですし、それだと妨害の排除が行えません。

白バイが使われる理由は
・コースには狭いところもあり、パトカーだと通れないところもある
・少ない人数で長い区間の全体の安全を確保するには白バイの方が良い
・テレビ中継の際、パトカーが先導しているとカメラの邪魔になる

などが挙げられます。

20160910-3

白バイの排気ガスで選手は大丈夫なのか?

最近の白バイには浄化装置付けられているものもありますがどうなのでしょうか。実はというと白バイ隊員の中には、学生時代に駅伝で走っている時に先導してくれていた白バイ隊員にあこがれて、白バイ隊員になった方が結構多いようです。

それに、先導している白バイが選手との距離を一定に保っているのは、妨害排除と少しでも排気ガスを吸わせないようにするためでもあるのです。

また、白バイ隊員の運転技術はかなり高度で、出来るだけ無駄にエンジンの回転数を上げないようにしているのです。エンジンを低速回転で回していればそれだけ排気ガスも出ません。

ですのでランナーが白バイの排気ガスで苦しくなることはないようです。それよりも道路を走る一般車両の排気ガスの方がマラソンランナーにとっては有害なのですが、この点についてはマラソンの時に道路を封鎖しているので大丈夫です。

20160910-5

また、最近では中継車などで電動バイクも使われていますし、ホンダがマラソン先導用の電動バイクを開発していますので、将来的に実用される可能性は高いかと思われます。マツダには水素ロータリーハイブリッドエンジン車があるようですが、実用化するなら何処が費用を負担して何処が管轄するのかなどの問題あります。

余談ですが先導している白バイ隊員は、競技会で入賞するぐらいのエリートの中でのエリートしか選ばれません。スピードを出しながら、300kgもある車体を簡単に乗りこなすのですから凄いですよね。

マラソンの先導では低速回転でエンジンを回しながら大型バイクを安定させつつバックミラーで選手との距離感を把握しながら体勢を崩さずにバイクを運転しています。

20160910-4

本当に高い運転技術がないと、マラソンの先導はできないと思います。そう考えると白バイ隊員は凄いですよね!

そんな白バイ隊員にはファンも多く、駅伝などを見る方の中には『駅伝は選手の走る姿より白バイをみるもの』とする白バイマニアの方も意外に多いようですね!


スポンサーリンク