七五三で千歳飴を配る理由は?袋のデザインや飴の上手な切り方について!

20160905-1

七五三の時にもらえる千歳飴。この時にしかもらえない貴重な飴ですが、長いし硬い。それに、神社でもらえるのに写真屋やお爺ちゃん・お婆ちゃんから貰うこともあるのではないでしょうか。くれると言うのであれば、ありがたく頂きますが、いつからこの風習があるのでしょうか。

袋のデザインも何か意味があるのか気になりませんか?なので今回の記事内容は、ざっくり言うと「千歳飴」についてです。

由来や意味、配るタイミング、袋のデザイン、上手な切り方・食べ方について紹介します。

スポンサーリンク

千歳飴の由来や意味は?

まず千歳という意味ですが、千年のことで長い年月を指します。江戸時代に徳川綱吉が子供のお祝いとして行ったのがきっかけで、浅草にある浅草寺で飴売りの七兵衛という方が最初に飴を売り出した、という説や神田明神近くで天野屋から、と色々と諸説があります。

神田明神で売れている飴は、水あめを棒状に長くした祝い飴。浅草では、千年という紅白の棒飴で人気がありました。

当時の飴というのは、庶民の代表的なお菓子です。長寿の願いを込め、粘りの強い細長い飴を縁起物として、七五三の日に飴屋さんが売り始めました。

現在は千歳飴(ちとせあめ)という名前ですが、昔は千年飴(せんねんあめ)、千歳飴(せんざいあめ)などと名前が変わっていました。

20160905-2

千歳飴とはどういう飴なのか?

神社のお参りが終わった後、お祓いして千歳飴を貰えるのですが、扱ってない神社もあるようです。地域によっては、内祝いとして親戚・近所の間で贈りあったりもするそうです。

折って食べるのはのはよくないと考えられているようですが、袋の中で折れているときもありますし、そのまま子供に与えても食べにくいのは当然。

適当に折って家族で分け合うのが妥当だと言えるでしょう。いっぱい貰ったら、冷蔵庫に入れておくと結構長持ちします。

千歳飴はどのタイミングで誰に配るものなのか

千歳飴を配る風習がありますが、七五三は内輪の祝い事です。いくら近所でも、子供の付き合いがないのなら気にしなくていいと思います。

親戚からお祝いをもらったのなら、お返しに千歳飴や紅白饅頭・赤飯を渡すこともあるようです。

20160905-5

千歳飴!袋は何故あのデザインなの?

縁起物の千歳飴ですが、袋のデザインがすごいですよね。松竹梅・鶴亀・高砂の尉(じょう)と姥(うば)などが伝統的な絵柄となっており、必ず「寿」の文字が入っています。

松竹梅は健康と若さの象徴、鶴亀は千年万年の長寿の意味があります。高砂の尉(じょう)と姥(うば)は日本の神様です。イザナギとイザナミを現しており、ひな祭りや婚礼にも登場しています。寿はめでたいこ、という意味です。

千歳飴の上手な切り方!

千歳飴って結構かたいですよね。力もいりますし、なかなか切れない。そんな時は切るのではなく、割るのです。

袋に入った状態で包丁や麺棒などで勢いよく叩き割りましょう。何回も叩けば小さい飴から粉々にまでなります。2つに割りたいのであれば、飴をテーブルの淵のところで叩いて割ると良いです。

千歳飴の上手な食べ方!

・一口サイズに割る
割った千歳飴をタッパーに入れて保存しておいて、子供がほしがる時にあげると良いと思います。冷たい千歳飴もおいしいですよ。

・レンジで溶かして飾りに
キッチンペーパーに一口サイズに割った千歳飴を置いて温め、そして取り出したら冷ましてください。丸い半透明の飴になるので、ケーキや和菓子の上に飾ったら高級感が出ます。

・キャラメルクリームに
パンやトーストに塗ったり、バニラアイスにかけるなど様々な使い道があります。他にキャラメルミルクにしたり、クレープのソースなんかにいかがでしょうか?

20160905-3

いかがでしたでしょうか?

千歳飴の由来にはいくつか諸説がありますので、一概に今回紹介した由来が真実かは分かりません。一つのことに対して説がいくつもあるというのは、短絡的に考えてみると少し不思議な感じがします。

上手な食べ方も3つ紹介しましたが、砂糖の代わりに使う方もいるようなので、是非お試しください!


スポンサーリンク